英語やり直し勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

⑴中学英語で躓いてしまう処、⑵高校英語で抑えるべき処、⑶知らないと間違えてしまう処、これらを①「基本事項と例文・使い方」、②「注意/暗記すべきポイント」、③「アドバイス」の3点構成で説明。尚、現在リライトしており新しい内容を追記中。⊿マークが末尾にあるタイトルに注目ください。

一般動詞

be動詞以外の動詞の様々な用法をこのカテゴリーに入れています。参照ください。

主語と動詞の一致で間違えやすい事項

主語の人称と数によって動詞は単数形や複数形を取ります。この時に紛らわしい表現で単数と複数を誤って使ってしまう時があります。知らないと間違えてしまうので、知る価値のあるお得情報です。参考として活用ください。

同義でも異なる使い方の動詞《robとsteal》

借りるとう意味の《useとborrow》は簡単な動詞ですが、移動の可否によって使い方が異なる事を知らなければ英作文で間違えてしまいます。

自動詞と他動詞の間違えやすい事項⊿2

間違えやすい動詞の覚え方は、①《自動詞+前置詞》の形態となる自動詞を覚えれば、残りの動詞は他動詞と類推でき、②後は《間違えて前置詞を付けてしまう他動詞》を覚えればOKです。

時制の違いのニュアンスを図解で理解する (No21)

時制の概念の違いを大雑把に定義すると、①進行形は【ある一時点での】継続している動作/状態。②完了形は【ある一時点までの】継続していた動作/状態。③完了進行形は、継続している事象の【ある一時点限定での】動作/状態。になります。

品詞と5文型の見分け方(No20)

大抵ある程度英語学習が進むと英語が5文型で成り立っている事に気付きます。そのため、英語を学び直すには、5文型を意識して学習して行くのが近道です。「動詞が5文型を決める」という観点から、各文型で用いる動詞を具体的に例示しました。

現在完了と過去形の違いと例文・使い方 (No17)

現在完了形も英語独特のニュアンスを表現するものです。現在完了形は【過去の動作が現時点まで継続している】意味の暗示を含んだ表現です。!

動詞の過去形の例文と使い方⊿1 (No 9)

英語は時の概念が重要で「現在/過去/未来」(時制)の内容を表現するのに語形を変化させる必要があります。一般動詞の現在形と文法面で異なる処があるのでそれを抑えるのがポイントです。

現在と過去進行形の例文と使い方⊿1 (No8)

現在進行形は「今、正に~している」状態を強調する表現です。それに対し過去進行形は「(過去のある時点で)~しようとしていた」状態を示す表現です。両者の文法的な違いは、be動詞が現在形か過去形かの違いのみです。

一般動詞の例文と使い方⊿1 (No 5)

一般動詞も人称代名詞が《一人称、二人称、三人称、単数形、複数形》のケースで語形変化を起こします。語形変化はbe動詞とは異なり、動詞それぞれでルールがあるのでそれを押さえることが重要です。。⊿1追記(2021-1-24)

© 2020 tyugaku-eigo All Rights Reserved.