英語やり直し‼ 学Blog

英語学習のやり直しに、間違えやすい事項を①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外事項、等で単刀直入に説明。 知っていると役立つ知識を解説します。尚、このブログはモバイル版よりPC版での学習をお薦めします。

〈It is ~ for A to V〉と《It is ~ that》の違いは形容詞

〈It is ~that S+V〉と《It is ~for/of 人 to不定詞》構文の違いを理解できていますか? 例えば《It is dangerous that you swim across the river 【あなたがその川を泳いで渡るのは危険だ】》は正しいか? 答えはNo。何故だか知りたい方は【3-⑴-①】ご参照…

〈no+ [more/less] +比較級+than〉構文の覚え方

①He is no younger than I am. ②not younger than, ③no more younger than, ④no less younger than は、no/notやmore/lessの有無で、内容が全く異なり訳が難しい。このno/notやmore/lessの違いによる訳し方を覚えたい方はご参照。

原級/比較級/最上級の慣用表現と覚え方

形容詞の慣用表現で「~と言うより寧ろ…」の〈more A than B〉と《not so much A as B》は誤訳し易い。例えば 〈He is more a genius than a madman.〉を【彼は天才と言うより寧ろ狂人だ】と和訳したがこれは誤り。何故だか知りたい方はご参照。

原級/比較級/最上級の比較構文の覚え方

動詞以外で難しいのは比較構文。例えば〈I have two older brothers in my family.【私の家族には2人の兄がいます】〉は正しいか?答えはNo。ポイントは「oldに意味の異なる2通りの比較級がある事」を理解しているか否か。気になる方はご参照。