英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で躓いた人からTOEIC等に備えたい人に発信。 知るべき『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

【英語勉強法】再現性を高める

勉強法の効用

 私が勧める勉強法

  各テーマで学習する内容に沿った例文を自分で作り暗記することをお勧めします。自分で作ることができないなら、教科書や参考書から肯定文の例文を探してもOKです。 この勉強法は、特に中学英語で躓いてしまった方に推奨します。中学英語は「英語の形を覚え、それをアウトプットできる様になる」ことが重要なのです。それをできる様になる手順を下記の記します。

 

⑴例文作成の手順

①まず肯定文を用意できたら、次にその否定文。その次は疑問文。更に肯定の応答文、否定の応答文の順に文章を手書して行く。

②翌日は名詞や動詞の単語を変えて別の文章を作り同じことを繰り返す

③無意識にスラスラ書く事に慣れてきたら、記述と同時に音読も併せて行う

 

⑵この勉強の効用

 単純作業に思えるが後に繋がる大きな効用があります。それは下記のとおり。

①肯定/否定/疑問/応答文の形をスラスラ筆記や口述できる様になると体感で習得できる様になったと言える。こうなると他の単語に変えた時でも再現性が増し、主語の人称変化や動詞の語形変化にスムーズに対応できる様になります。

 

②再現性が高まれば英会話で即答できる様になります。「英会話は頭の中の英作文」であり、即答できる様になるには『肯定⇔否定⇔疑問⇔応答文』と言った〈変換のつかみ処〉を養う必要があります。これを養う方法が《例文の記述》です。将来英会話も楽しみたいなら、即答の訓練に口述もやった方が得です。記述で〈変換のつかみ処〉は出来ているからです。

 

③《例文の記述と口述》のもう1つの効用は、例文を自分で作れば文法的に正解か注意するので、主語の人称や動詞の語形変化等の文法全般の勉強にもなるからです。

 

 もし自分で作った例文に自信が持てない時は、学生さんは学校の先生に正解か質問すると良い。あなたのやる気を先生にアピールでき、あなたの好感度が上がりますよ! 質問できない場合は、市販の参考書から例文を探し、文法に注意しながら『肯定⇔否定⇔疑問⇔応答文』の変換をしてください。

 

 “継続は力なり”と言われるが、この勉強法を続ければ英語の文法と会話の発話は習得できます。英語を得意になれるかは、あなたが実行するか否かに掛かっていると言っても過言ではありません。

 

最後は、客観的な実力判断が重要

 知識を蓄積したらそれを腕試しする機会を作ることも重要です。何故なら個人の勉強では第三者の客観的な実力診断ができないからです。故に何かを利用して解答の正誤を客観的に判定する仕掛けを勉強に入れることは、英語力向上の見極めに必要なのです。

その対応方法を下記リンクに説明していますので参照ください。

客観的実力診断を勉強に取り入れるメリット  

関連記事

アウトプット訓練について下記にその効用を述べています。ご参照ください。

本気のやり直しに必要な事(OUTPUTの勧め)

 
今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。

本ホームページに記載の文章、画像、等を無断で複製することを禁じます。