英語やり直し勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

⑴中学英語で躓いてしまう処、⑵高校英語で抑えるべき処、⑶知らないと間違えてしまう処、これらを①「基本事項と例文・使い方」、②「注意/暗記すべきポイント」、③「アドバイス」の3点構成で説明。尚、現在リライトしており新しい内容を追記中。⊿マークが末尾にあるタイトルに注目ください。

原形不定詞の使い分けと慣用表現⊿1

使役動詞


 不定詞は分かり難い。常に《to+動詞の原形》とは限らず原形不定詞があるからだ。しかも「一般的に使役動詞や知覚動詞の後は原形不定詞」と学んだが、原形不定詞にならないケースもある。この様な例外事項は抑える価値がある。

  

1.使役動詞後の不定詞の使い分け

使役動詞はケースバイケースである事を覚える。

(1)使役動詞《 make / have / let 》は、原形不定詞を取る

My father made me quit drinking against my wish.
【父は私の望みに反して私に禁酒を強いた】

⇒但しmakeは受動態になるとto不定詞を取る
make限定。haveとletは受動態で用いない

I was made to quit drinking against my wish by my father.
【私は自分の望みに反して父に禁酒を強いられた】

 

 

(2)使役動詞の中で《 get は、to不定詞を取る

I got my wife to stop smoking.
【私は妻に禁煙させた】

 

 

(3)使役動詞の中で《 help 》は、原形不定詞とto不定詞のどちらも可能

This machine will help us (to) save a lot of times and money.
【この機械は、多くの時間と金を節約するのに役立つでしょう】

 

 

2.知覚動詞の注意点 

(1)知覚動詞の後は原形不定詞とは限らない。現在分詞、過去分詞が来るケースもある。

①原形不定詞
I saw the man cross the street and disappear into the building
【私はその人が道路を横断してビルの中に消えたのを見た】

 

②現在分詞
I smeel something burning.
【何かが焦げている気がします】
➡《smeel》は《smeel+O+~ing》の形をとり原形不定詞を取らない

 

③過去分詞
Did you hear your name called ?
【あなたは自分の名前が呼ばれたのを聞きましたか】

  

(2)知覚動詞を受動態にすると《to不定詞》になる

I saw the man go up the hill.
【私はその人が丘を登って行くのを見た】

 

(受動態)⇒ The man was seen to go up the hill.
【その人が丘を登って行くのを見られた】

 

3.原形不定詞の慣用表内容

(1)《had better+原形不定詞
【 ~した方が良い】 (1人称以外で、忠告の意)

You had better stop drinking too much.
【あなたは多量の飲酒を止めた方が良い】

 

否定文はhad better not+原形不定詞》👈「not」の位置に注意
【 ~しない方が良い】
You had better not stop drinking too much.
【~飲酒を止めない方が良い】

 

疑問文はHadn`t+主語+ better +原形不定詞?
【~した方が良いのではないですか?】

Hadn't we better go alone?
【一人で行った方が良いのではないですか】

 

付加疑問文は【~した方が良いですよね?】👈普通の付加疑問文と同じ

We had better put off our jacket in the room, hadn't we ? 
【私たちは部屋では上着を脱いだ方が良いですよね】 

 

(2)《would rather+原形不定詞
どちらかと言うと ~したい】

I 'd rather stay home today.
【今日はどちらかと言うと家に居たい】
⇒「'd rather」の様に短縮して用いられる事が多い

 

否定文はwould rather not+原形不定詞
どちらかと言うと ~したくない】

would rather not stay home today.
【今日はどちらかと言うと家に居たくない】

 

疑問文はWould+主語+ rather +原形不定詞 ?
【どちらかと言うと ~したいですか?】

Would you rather stay home today ?
【今日はどちらかと言うと家に居たいですか】

 

(3)《cannot but+原形不定詞》【 ~せざるを得ない】
I cannot but feel sorry for her.【私は彼女に同情を感じ得ない】

⇒《can't help ~ing》及び 《can't help but +原形不定詞》も同じ意味
I can't help saying so. = I can't help but say so.【そう言わざるを得ない】

 

4.今回のアドバイス

⑴使役動詞や知覚動詞の後は、場合によって原形不定詞にならない事を再認識してほしい。原形不定詞と言う名称に騙されてはいけない。

⑵ケースバイケースに対応するには、下記のお勧め勉強法で違いを確認しながら体感的に覚えてしまう事をお勧めする。

 

 

私がやったお勧め勉強法⊿1  

 下記の様な例文を自分で作り、何度も手書き音読を繰り返す。また、翌日は名詞や動詞の単語を変えて別の文章で同じ事を繰り返す。単純作業に思えるが後に繋がる大きな効用がある事をリンク先に載せているので参照ください。

私がやったお勧め勉強法の効用 - 英語を独学でやり直す勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

 

⑴My father made me quit drinking against my wish.⇒My father didn't make me quit drinking against my wish.⇒⇒Did my father make me quit drinking against my wish?⇒Yes, he did.⇒No, he didn't.

 

⑵I was made to quit drinking against my wish by my father.
⇒I wasn't made to quit drinking against my wish by my father.⇒Were you made to quit drinking against your wish by my father?⇒Yes, I was.⇒No, I wasn't. 

 

⑶I got my wife to stop smoking.⇒I didn't get my wife to stop smoking.
⇒Did you get your wife to stop smoking?⇒Yes, I did.⇒No, I didn't.

 

⑷I heard my name called.⇒I didn't hear my name called.
⇒Did you hear your name called ?⇒Yes, I did.⇒No, I didn't.

 

⑸I saw the man cross the street and disappear into the building.⇒I didn't see the man cross the street and disappear into the building.⇒Did you see the man cross the street and disappear into the building?⇒Yes, I did.⇒No, I didn't.

 

⑹I smeel something burning.⇒I don't smeel something burning.
⇒Do you smeel something burning?⇒Yes, I do.⇒No, I don't.

 

⑺I would rather stay home today.⇒I would rather not stay home today.
⇒Would you rather stay home today? ⇒Yes, I would.⇒No, I wouldn't.

 

 

参考動画

知覚動詞、使役動詞の復習向き。復習にどうぞ!


高校英語 文法【原型不定詞とは?】toがないのに実は不定詞の役割。使役動詞・知覚動詞

 

関連記事

独立不定詞を復習するなら、下記のリンクが有益。

独立不定詞と原形不定詞の例文・使い方 (No25)⊿1 - 英語やり直し勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】


 不定詞の3用法を復習はこちら

不定詞の3用法の例文と使い方 (No24) - 英語やり直し勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

 

原形不定詞の考え方の参照元

Weblio和英辞書 - 「原形不定詞」の英語・英語例文・英語表現

© 2020 tyugaku-eigo All Rights Reserved.