英語を独学でやり直す勉強法【目から鱗の英文法3点解説!】

付加価値のある英語知識を①「基本事項と例文・使い方」、②「注意/暗記すべきポイント」、③「アドバイス」の3点構成で説明します。尚、現在リライトを順次推進中です。

自動詞と他動詞の間違えやすい事項【上級編】⊿1

自動詞と他動詞


  日本語にとらわれると間違えてしまう英語表現は難しい。その代表的例が《discuss the problem》【問題について討議する】で、ウッカリすると《discuss about the problem》とやってしまう。この様なウッカリミス動詞を纏めたので活用頂きたい。 

1.前置詞が不要な《他動詞》

accompany【~と一緒に行く】
answer【~に答える】
approach【~に近づく】
ask【~に尋ねる】
attend【~に出席する】
contact【~と連絡を取り合う】
discuss【~について議論する】
follow【~について行く】
inform【~に知らせる】
leave【~から去る】
marry【~と結婚する】
obey【~に従う】
oppose【~に反対する】
reach【~に到着する】
resemble【~に似ている】
touch~に触る】

(1)to/intoを入れがちな動詞
⇒日本語の「~に」に引っ掛かってしまうので要注意

 

:I resemble to my father.
:I resemble my father.
【私は、私の父親似ている】

 

:I reached to my country town in a day.
:I reached my country town in a day.
【私は自分の故郷1日で着いた】

⇒arrived at / got to my country town は正しい表現

 

:He approached to me.
:He approached me.
【彼は私近づいた】

⇒walk up to me は正しい表現

 

:Many students attended to the meeting.
:Many students attended the meeting.
【多くの生徒がミーティング出席した】

attend to ~は【~に注意する/~の世話をする】という意味の自動詞

 

:Please answer to the telephone, 
:Please answer the telephone.
【どうか電話出てください】

 

:She asked to me. 
:She asked me.
【彼女は私尋ねた】

 

:The President entered into the room.
:The President entered the room.
【大統領が部屋入った】

⇒enter into ~は【~を始める/~に参加する】という意味では自動詞

(2)《with》を入れがちな動詞
⇒「~と」
に引っ掛かってしまうので要注意

 

:Would you please marry with me ?
:Would you please marry me ?
【どうか私結婚してくれませんか?】

get married to me  は正しい表現

(3)《about 》を入れがちな動詞
「~について」に引っ掛かってしまうので要注意

 

:Many students discussed about this problem.
:Many students discussed this problem.
【多くの生徒がこの問題について議論した】

 

:You must consider about your position.
:You must consider your position.
【あなたは自分の立場について考慮すべきだ】

(4)《from 》を入れがちな動詞
⇒「~から」に
引っ掛かってしまうので要注意

 

:You must leave from your house at once.
:You must leave your house at once.
【すぐにあなたは自分の家から去るべきだ】

2.前置詞を付け忘れる《自動詞》

他動詞と勘違いし、前置詞を忘れ易い
《object / hope / apologize / agree / 》等の動詞内容

I objected to his coming to our party.
【私は彼がパーティーに来るのを反対した】

 

I will hope for your success.
【私はあなたの成功を祈念しています】

wish your successは正しい表現

 

I apologized to her for my stupid word.
【私は彼女に私の愚言を詫びた】

 

I agreed with you on this problem.
【私はあなたとこの問題では同意した】

agree that~【~する事に同意する】の場合は他動詞

 

I have something to complain of .
【私は不満に思うところがある】

 

Please listen to what I say.
【どうか私の言う事を聞いてください】 

3.前置詞で意味が異なる《自動詞》

answer for~【~に責任を負う】
answer to~【~と合致する】

 

apply for~【~に申し込む】
apply to~【~に当てはまる】 

 

ask for~【~を求める】
ask after~【~の安否を尋ねる】 

 

attend to~【~に注意する】
attend on~【~に付き添う】

 

consist in~【~に存する】
consist of~【~から成る】 

 

corespond to~【~に相当する】
corespond with~【~に一致する】

 

deal in~【~を商う】
deal with~【~を取り扱う】

 

hear of~【~の事を聞く】
hear from~【~から便りがある】 

 

inquire after~【~を見舞う】
inquire about~【~を問い合わせる】 
inquire into~【~を調査する】

 

look after~【~の世話をする】
look for~【~を探す】
look into~【~を調べる】

 

part from~【~と別れる】
part with~【~を手放す】 

 

pass for~【~で通る】
pass on ~【~を伝える】

 

succeed in~【~に成功する】
succeed to~【~を引き継ぐ】 

 

wait for~【~を待つ】
wait on~【~に仕える】 

4.今回のアドバイス

 前置詞を入れてしまう他動詞や前置詞を忘れてしまう自動詞は下記がお勧め。
動詞のみを覚える事はせず、
①他動詞は目的語を含めて(目的語を含めて覚えれば前置詞不要を覚えられる)
②自動詞は前置詞を含めたマトマリ
で、例文を多く覚える。

 

お勧め勉強法⊿1   

 下記の様な例文を自分で作り、何度も手書き音読を繰り返す。また、翌日は名詞や動詞の単語を変えて別の文章で同じ事を繰り返す。単純作業に思えるが後に繋がる大きな効用がある事をリンク先に載せているので参照ください。

私がやったお勧め勉強法の効用 - 英語を独学でやり直す勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

 

⑴I resemble my father.
⇒I don't resemble my father.
⇒Do you resemble your father? 
⇒Yes, I do.⇒No, I don't.

 

⑵Many students attended the meeting.
⇒Many students didn't attend the meeting.
⇒Did many students attend the meeting?
⇒Yes, they did.⇒No, they didn't.

 

⑶I objected to his coming to our party.
⇒I didn't object to his coming to our party.
⇒Did you object to his coming to your party?
⇒Yes, I did.⇒No, I didn't.

 

⑷I agreed with you on this problem.
⇒I didn't agree with you on this problem.
⇒Did you agree with me on this problem.
⇒Yes, I did.⇒No, I didn't.

 

⑸I have something to complain of .
⇒I don't have anything to complain of .
⇒Do you have anything to complain of ?
⇒Yes, I do.⇒No, I don't.

 

注目の参考書

 上記のアドバイスには例文を多く載せた熟語集を用意すべき。理由は自分で①②を満たす例文を発見する時間を節約できるメリットがあるからだ。効率良く勉強するには活用する価値あり。

 
© 2020 tyugaku-eigo All Rights Reserved.