【例文解説】失敗しない英語やり直し勉強法

英語の学習単元を、①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外事項、の項目で簡潔に説明。英語の間違えやすい処を一緒に勉強して行きましょう。尚、このブログがお役に立ちましたら読者登録をお願します。

動詞の後が《to不定詞 or 動名詞》を見分ける方法 (No15)

 不定詞と動名詞では、動詞の後が《①不定詞、②動名詞、③両方OK、④意味が違ってくる》ケースがありこの見分けが難しい。例えば《I want going to Japan.【日本に行きたい】》は正しいか?答えはNo。4種類の見分け方を知りたい方はご参照。  

 不定詞と動名詞の使い分け
目次

 

1.結論

不定詞と動名詞の4種類の使い分けは、下記を暗記することをお薦め。
①不定詞は未来の話、ポジティブ思考」の内容を意味する動詞に使われる。
②動名詞は過去の話、ネガティブ思考」の内容を意味する動詞に使われる。
③両方OKの動詞は、限定されているので暗記すればOK。
④意味が違ってくる動詞は、①と②の違いを意識して和訳すると良い。

 

2.不定詞と動名詞の違い

不定詞のみを目的語にする動詞

⇒未来に向かって行動する意欲や意図に関する動詞

①《決断agree, decide, determine, resolve, intend /  等

They agreed to meet at the park the next day.
【 二人は翌日に公園で落ち合うことを申し合わせた】


②《願望desire, hope, want / 等

I want to go to Japan.【日本に行きたい】
👉  ✖ I want going to Japan. ⇒ 動名詞を目的語にしない


③《意欲expect, offer, pretend, promise, refuse /

He pretended not to hear me.
【彼は私の言うことが聞こえないふりをした】

👉①「not」は、to不定詞の前に置く。
     ②「me」は「what I said」の言い換えであることに注意。

 

動名詞のみを目的語にする動詞

反復、中断、回避に関する動詞
①《反復》admit, cosider, 
enjoy ,practice / 等

I considered going tomorrow but finally decided against it.
【あす行こうかと考えたが結局やめにした】


②《中断》finish, stop, postpone, put off / 等

He finished cleaning his room.【彼は自分の部屋を掃除し終えた 】

 

③《回避》mind, avoid, deny, escape / 等

I denied meeting her.【私は彼女と会った事を否定した】
👉  ✖  I denied to meet her. ⇒ 不定詞を目的語にしない

 

両方を目的語にできる動詞

begin / start / continue / cease / like / love / prefer / hate

  I began to study Japanese. 
  I began studying Japanese.【私は日本語を学び始めた】

 

意味が違ってしまう動詞

stop / remember / forget / regret /  try 

①動名詞は既にしたこと」を表す(過去志向)
I forgot lending her the money. 【私は彼女に金を貸していたのを忘れた】

 

②不定詞はこれからする予定のこと」を表す(未来志向)
I forgot to lend her the money.【私は彼女に金を貸すのを忘れた】 

関連記事
不定詞の3用法の違いをここから確認することをお薦め。
https://howto-komarigoto.work/entry/24_Infinitive#gsc.tab=0 

 

本章のアドバイス

①不定詞は「未来の話、ポジティブ思考」の動詞に使われる。

②動名詞は「過去の話、ネガティブ思考」の動詞に使われる。 

③動詞は、不定詞や動名詞を目的語に取れるかに注目し例文ごと暗記する。

 

今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。