英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

不定詞と動名詞の違い (No15)⊿4

 不定詞と動名詞の使い分け
 不定詞と動名詞では、動詞の後が《①不定詞、②動名詞、③両方OK、④意味が違ってくる》ケースがありこの見分けが難しい。例えば《stop ~ing/~を止める》と〈stop to V/~するために立ち止まる〉は④だが、4種類の区別を理解できていますか?  

 

1.結論

⑴不定詞と動名詞の4種類の使い分けは、主節の動詞の性質に影響される。

 

⑵動詞を覚える際に、不定詞や動名詞を目的語に取れるかに注目し例文ごと暗記することをお薦めします。


⑶勉強法の一例として、末尾の勉強法を推奨。⊿4 

 

2.不定詞と動名詞の違い

不定詞のみを目的語にする動詞

⇒未来に向かって行動する意欲や意図に関する動詞

agree, decide, determine, resolve, intend(決断) /  等
desire, hope, want(願望) / 等
expect, offer, pretend, promise, refuse,(意欲) /

  I want to go to Japan.【日本に行きたい】

   I want going to Japan. ⇒ 動名詞を目的語にしない

 

動名詞のみを目的語にする動詞

反復、中断、回避に関する動詞
admit, cosider, 
enjoy ,practice(反復) / 等
finish, stop, postpone, put off, (中断) / 等
mind, avoid, deny, escape,  (回避) / 等

  I denied meeting her.【私は彼女と会った事を否定した】

  I denied to meet her. ⇒ 不定詞を目的語にしない

 

両方を目的語にできる動詞

begin / start / continue / cease / like / love / prefer / hate 等

  I began to study Japanese. 
  I began studying Japanese.【私は日本語を学び始めた】

 

意味が違ってしまう動詞

stop / remember / forget / regret /  try 等 

①動名詞は既にしたこと」を表す(過去志向)
I forgot lending her the money. 【私は彼女に金を貸していたのを忘れた】

②不定詞はこれからする予定のこと」を表す(未来志向)
I forgot to lend her the money.【私は彼女に金を貸すのを忘れた】 

 

関連記事
不定詞の3用法の違いは抑えていますか?
https://howto-komarigoto.work/entry/24_Infinitive#gsc.tab=0 

 

◎失敗しない英語勉強法を知っていますか? 

 英語を勉強する努力を無駄にしたくない。それなら「英語資格の問題を解く」勉強がお薦めです。理由は、①資格問題を解くことがアウトプットの訓練になる。②勉強の成果が資格取得に結びつき、資格はあなたの能力の証明となる。資格のメリットを下記リンクで詳述しているので、気になる方は参照ください。 

 
今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。