英語を独学でやり直す勉強法【目から鱗の英文法3点解説!】

付加価値のある英語知識を①「基本事項と例文・使い方」、②「注意/暗記すべきポイント」、③「アドバイス」の3点構成で説明します。尚、現在リライトを順次推進中です。

関係代名詞と先行詞の使い分け(中学編)⊿2 (No19)

関係代名詞


 中学生は関係代名詞が一番難しく感じると思う。理由は「先行詞によってwhoかwhichか」や「主格と目的格のどちらか」が理解し難いからだ。これに対応するには文章の構造を見極める力が必要だ。抑えるポイントを纏めたので活用頂きたい。

 

1.基本事項と例文・使い方

A)先行詞と関係代名詞、主格と目的格の使い分けは下記のとおりにする

⑴先行詞(名詞)が「①人/②モノ/③両方」の場合で、使う関係代名詞を変える。

f:id:tyugaku-eigo:20201006094639j:plain

※「モノ/動物」の所有格には《of which》も用いられる

 

⑵先行詞+関係代名詞で

 ①先行詞+関係代名詞+《動詞+修飾語》の様に、
関係代名詞以降の文に主語が欠けている場合

主格 の関係代名詞を選ぶ。

 

②先行詞+関係代名詞+《主語+他動詞+[×目的語]》の様に、
関係代名詞以降の文に
目的語が無い場合
目的格 の関係代名詞を選ぶ。

B) 先行詞の性質によって関係代名詞を下記のとおり変化させる。

先行詞が《人》の場合で、who(主格)とwhom(目的格)を使い分ける考え方

 

I have many friends who are famous doctors.
【有名な医者である友人がいます】

 ⇒ 修飾語句の「are famous doctors」に
主語が欠けているので「who」
を用いる。

 

The man whom I produced to Mr.Tanaka is Mr.Sato.
【田中さんに紹介した人は佐藤さんです】

 ⇒ 修飾語句のI produced to Mr Tanaka」に
目的語が欠けているので「whom」を用いる。

先行詞が《モノ/動物》の場合は、
主格と目的格の両方とも「which」を使うので、
主格と目的格の使い分けを考える必要はない

 

There is a cat which is sleeping in the room.
【部屋で寝ている猫がいます】

 ⇒ 先行詞の「cat」は「動物」なので「which」を用いる
この場合は主語が欠けているので、主格のwhichである。

 

The newspaper which I bought yesterday was The daily Nikkei.
【昨日買った新聞は日経新聞でした】

⇒ 先行詞の「The newspape」は「モノ」なので「which」を用いる。
この場合は目的語が欠けているので、目的格のwhichである。

関係代名詞「that」は、先行詞が《人/モノ/動物》全部のケースで使える。

この時、主格と目的格の両方とも「that」を使うので、
主格と目的格の使い分けを考える必要はない。

 

There is a cat that is sleeping in the room.
【部屋で寝ている猫がいます】

先行詞の「cat」は「動物」だが「that」が使える
この場合は主語が欠けているので、主格のthatである。

 

The newspaper that I bought yesterday was The daily Nikkei.
【昨日買った新聞は日経新聞でした】

先行詞の「The newspape」は「モノ」だが「that」が使える
この場合は目的語が欠けているので、目的格のthatである。

先行詞が《人》《モノ/動物》の場合の所有格「whose / of which」を使う。

 

There is a dog in the room whose [of which]color is white.
【色が白い犬が部屋にいます】

⇒「There is a dog in the room」+「It's color is white」の2文を
   「It's」を「whose / of which」に置き換えて2文を1文にできる。


I have a friend whose father was the actor.
【父が俳優だった友人がいます】

⇒「I have a friend」+「His father was an actor.」の2文を
   His」を「whose」に置き換えて2文を1文にできる。
👉
「a friend」は「人」なのでof whichにはしないので要注意

関係代名詞の目的格は省略できる

⇒ 但し、主格は省略はできない

 

The man (whom) I produced to Mr.tanaka is Mr.Sato. ()内省略可

The newspaper (that I had bought yesterday was The daily Nikkei. ()内省略可

 2.注意/暗記するポイント

「that」を使う時の注意事項

all / anythind / everything / little /much / nothing / first / only / very と言った

先行詞を特定する語句が付いた場合はthatを使う。

 

This is the most expensive fortune that I was given by my father.

【これは私が父から貰った最も価値のある財産です】

「, that~」の様には使えない。この場合は「, which ~」とする

 

 Yesterday I was heard the bad news , which was my campany had gone bankrupt.

【昨日悪い知らせを聞いた。その知らせは、会社が倒産したというものだった】

 

この場合のwhichは「Yesterday I was heard the bad news」を示した主語

3.今回のアドバイス

 関係代名詞を得意にするには文の切れ目を見抜ける力が必要だ。それには基本5文型の知識が欠かせないので、5文型の勉強も同時に行ってほしい。

 

私がやったお勧め勉強法⊿1  

 下記の様な例文を自分で作り、何度も手書き音読を繰り返す。また、翌日は名詞や動詞の単語を変えて別の文章で同じ事を繰り返す。単純作業に思えるが後に繋がる大きな効用がある事をリンク先に載せているので参照ください。

私がやったお勧め勉強法の効用 - 英語を独学でやり直す勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

 

①I have many friends who are famous doctors.
⇒ I don't have many friends who are famous doctors.
⇒ Do you have many friends who are famous doctors ?
⇒ Yes, I do. ⇒ No, I don't. 

 

②The man whom I produced to Mr.Tanaka is Mr.Sato.
⇒ The man whom I produced to Mr.Tanaka is not Mr.Sato.
⇒ Is the man whom I produced to Mr.Tanaka Mr.Sato ? 
⇒ Yes, he is. ⇒ No, he isn't. 

 

③There is a cat which is sleeping in the room.
⇒ There is not a cat which is sleeping in the room.
⇒ Is there a cat which is sleeping in the room ?
 ⇒ Yes, it is. ⇒ No, it isn't.

 

④The newspaper which I bought yesterday was The daily Nikkei.
⇒ The newspaper which I bought yesterday was not The daily Nikkei.
⇒ Was the newspaper which I bought yesterday the daily Nikkei ? 
⇒ Yes, it was. ⇒ No, it wasn't.

 

⑤There is a dog in the room whose color is white.
⇒ There is not a dog in the room whose color is white.
⇒ Is there a dog in the room whose color is white ? 
⇒ Yes, it is. ⇒ No, it isn't.

 

⑥I have a friend whose father was the actor.
⇒I don't have a friend whose father was the actor.
⇒ Do you have a friend whose father was the actor ? 
⇒ Yes, I do. ⇒ No, I don't.

 

注目の参考書

 重要なのは上記の様な関係代名詞の例文を体得する事だ。それをベースにして先行詞と関係代名詞の使い分けや《that》を使う時のルールを覚えてほしい。その時に参考書を使うと要点が纏まっているので効率的に勉強できるメリットがある。

 
高校レベルの関係代名詞は抑えられていますか? 

 

動画を見ると理解が深まるので視聴をお勧めします。


関係代名詞whichの主格と目的格とは 【英文法ワンポイント解説】

 

関係代名詞の考え方の参考元

Weblio和英辞書 - 「関係代名詞」の英語・英語例文・英語表現

© 2020 tyugaku-eigo All Rights Reserved.