【例文解説】失敗しない英語やり直し勉強法

英語の学習単元を、①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外事項、の項目で簡潔に説明。英語の間違えやすい処を一緒に勉強して行きましょう。尚、このブログがお役に立ちましたら読者登録をお願します。

現在形/進行形/完了形/完了進行形の違い (No 21)

 現在形は実は奥が深い表現だ。例えば《The sun rises in the east.【太陽が東から昇っている】》の訳は正しいか?答えはNo。何故だか知りたい方は【2-(0)】ご参照。

目次

 

1.結論

時制の概念の違いは下記のとおり。
①現在形は【過去、現在、未来にまたがる】動作/状態 
②進行形は【ある一時点での】継続している動作/状態
③完了形はある一時点までの】継続していた動作/状態
④完了進行形は、継続している事象の【ある一時点限定での】動作/状態

⑵時制の問題で良くあるのは 「《時/条件の副詞節》は未来時制を使えない
《名詞節》だと未来時制は使える
」というものだ。この違いの暗記を推奨。

 

2.時制別の基本事項と使い方

時制イメージ図

【参考資料】「時制イメージ図」引用元 Langland

 英語には 過去・現在・未来の時間軸に「基本形」「進行形」「完了形」「完了進行形」の合計で12種類の時制の文体がある。その違いを下記に説明。

  過去 現在 未来
基本形 ①過去形 ②現在形 ③未来形
進行形 ④過去進行形 ⑤現在進行形 ⑥未来進行形
完了形 ⑦過去完了形 ⑧現在完了形 ⑨未来完了形
完了進行形 ⑩過去完了進行形 ⑪現在完了進行形 ⑫未来完了進行形

 

(0)現在形⇒「過去、現在、未来すべてに起ること」に使われる

The sun rises in the east every day.
【毎日、太陽は(昨日や今日や明日も)東から昇る】

👉「現在形」の名称に捉われて
「今、太陽が東から昇っている」状態を示す意味にしない様に要注意

 

 A.進行形④~⑥ ⇒「(過去/現在/未来の)ある1時点で進行中の動作/状態」

(1)現在進行形am / is / are + 動詞のing形
 (現在のある時点まで)進行中の動作/状態

 I am playing the piano now. 
【今、ピアノを弾いている最中です】 

 

(2)過去進行形was / were + 動詞のing形
 (過去のある時点まで)進行中の動作/状態

 It was snowing when my mother came back home.
 【母が帰宅した時、雪が降っていた最中だった】

 

(3)未来進行形will be + 動詞のing形 
(未来のある時点まで)進行中の動作/状態

 It will be rainning at five o'clock tomorrow morning.
 【明日の朝5時は、雨が降っている最中だろう】

  

B.完了形⑦~⑨ ⇒「(過去/現在/未来の)ある1時点までに完了する動作/状態」

(4)現在完了形have (has) + 過去分詞

①継続:「(過去のある時点から)現在まで同じ状態が続いている」動作/状態を表現

 I have been busy since yesterday. 
【昨日からずーと忙しい】
《for / since》が使われる

 

②完了:「(過去の動作が)今時点で完了した」動作/状態を表現

I have already finished  my homework.
【既に宿題を終えました】
《just / already / yet》が使われる

 

③経験:「過去から現在まで~したことがある」経験を表現

 I have been to Japan twice.
【私は2度日本に行ったことがある】
《never / ever / once / twice / three times》等が使われる

 

④結果:「(過去の結果が)今現在も続いている」動作/状態を表現

My mother has gone to Tokyo.
【母は東京に行ってしまった】(暗に、今も東京に居るニュアンス)

 

(5)過去完了形had + 過去分詞

①継続:「(過去のある時点まで)同じ状態が続いていた」動作/状態を表現

 I had been busy since yesterday. 
【昨日までずーと忙しかった】

 

②経験:「(過去のある時点までの)経験」を表現

 I had been to Japan twice. 
【私は2度日本に行ったことがあった】

 

③完了:「(過去のある時点でまでに)完了した」動作/状態を表現

I had already finished  my homework when my mother came home.
【母が帰宅した時には、既に宿題を終えていました】

 

④結果:「(過去のある時点に)完了した」動作/状態を表現

My mother had gone to Tokyo because her husband had been dead.
【母は夫と死別したので、東京に行ってしまった】

 

⑤大過去:「(過去のある時点よりも更に古い過去に)完了した」動作/状態を表現

 I gave her my book that I had bought. 
【私が買った本を彼女にあげた】

➡『 I gave her my boo』より《 I had bought.》の方が古い過去で時制が異なっている

 

(6)未来完了形will have + 過去分詞 

①継続:「(未来のある時点まで)同じ状態が続く」動作/状態を表現

I will have been busy untill tomorrow. 
【明日までずーと忙しいだろう】

 

②経験:「(未来のある時点までに)経験するだろう

I will have been to Japan twice if I go there again.
 【もし再度日本に行くなら、日本に行くのは2回目になるだろう】

 

③完了/結果:「(未来のある時点でまでには)完了するだろう」動作/状態を表現

I will have finished  my homework when my mother comes home.
 【母が帰宅する時には、宿題を終えているだろう】

  

C.完了進行形⑩~⑫ 「継続していた事象のある時点限定での動作/状態」

(7)完了進行形:have/ had/ will have /  been + 動詞のing形

①現在完了進行形:(現在まで)同じ状態が続く」動作/状態を表現

She has been sleeping for three hours.
【今時点で、彼女は3時間ずーと寝ている】

 

②過去完了進行形:(過去のある時点まで)同じ状態が続いていた」動作/状態

She had been sleeping for three hours when you came back.
 【あなたが戻って来た時点で、彼女は3時間ずーと寝ていた】

 

③未来完了進行形:(未来のある時点で)同じ状態が続いているだろう」動作/状態

She will have been sleeping for three hours when you come back.
 【あなたが戻って来る時点で、彼女は3時間ずーと寝ていることになるだろう】

 

関連記事
現在完了は、こちらから確認することをお薦め。
https://howto-komarigoto.work/entry/17_present_perfect_tense#gsc.tab=0

 

3.本章のアドバイス

(1)《時/条件の副詞節》は、未来時制は使えず現在形を用いる。

I will have finished  my homework when my mother will come home.

I will have finished  my homework when my mother comes home.
【母が帰宅する時には、私は宿題を終えているだろう】

 

 I will have been to Japan twice if I will pass university exam.

I will have been to Japan twice if I pass university exam
【もし大学の入試に通れば、私は2回日本に行くことになる】

 

尚、《時/条件の副詞節で使われる接続詞は、下記の2通り

①時に関するもの

when (~する時) / Whenever (~する時はいつでも) / as soon as (~すると直ぐに)

before (~する前に) / after (~した後に) / till (~までずーと) 

 

②条件に関するもの

if (もし~ならば) / unless (もし~でないならば) 

 

⑵但し【時/条件の名詞節】では、未来時制は使えるので要注意

Do you know when he will come back.
➡knowの目的語=名詞節になっている

I do not know if it will be fine tomorrow.
➡knowの目的語=名詞節になっている

 

(3)進行形は継続している動作を示すので《状態を表す動詞》は進行形で使わない👉「中断や再開できない内容の動詞は進行形にできない」と覚えると便利

 

知覚や認識を示す動詞 (中断や再開できない)
see【~見える】/ hear【~を聞こえる】/ 
know【~を知っている】/ smell【~を匂う】
  He is felling bad.としない) 

 

永続的/本質的な状態を示す動詞 (中断や再開できない)
be【~である】/ belong to
【~に属する】/ resemble【~に似ている】
have【~を持っている】/ own【~を所有している】等 
( ✖ I am having a pen.としない)

 

心理を示す動詞 (中断や再開できない)

like 【~を好む】/ love【~を好む】 / know【~を知る】 / want 【~を欲する】
/ believe【~を信じる】 / imagine 【~を考える】/ doubt 【~を疑う】
/ remember【~を覚えている】 / think【~を考える】 等
I am knowing Mr. Tanaka.としない) 

 

👉逆説的に「中断や再開できる内容の動詞は進行形にできる

 


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、読者登録をお願いします。