英語を独学でやり直す勉強法【目から鱗の英文法3点解説!】

付加価値のある英語知識を①「基本事項と例文・使い方」、②「注意/暗記すべきポイント」、③「アドバイス」の3点構成で説明します。尚、現在リライトを順次推進中です。

助動詞の慣用表現と例文・使い方 (No23)

 慣用句はイディオム(熟語)として暗記する必要があります。試験では慣用句の一部を穴埋め問題にしたりして問われます。ここは暗記一徹でOKです。

 

f:id:tyugaku-eigo:20210214134015j:plain

1.基本事項と慣用表現

主な慣用句の意味は、下記のとおり

(1)had better + 動詞の原形
【~した方が良い】

You had better go home from now.
【今から帰宅した方が良い】

⇒否定の意味にするには
betterの後に「not」を付ける

You had better not go home from now.
【今から帰宅しない方が良い】

 

(2)used to + 動詞の原形
【~したものだ】

used to play in this park.
【この公園で良く遊んだものだ】

 

(3)cannot + 動詞の原形 + too + 形容詞
【いくら~しても~しすぎる事はない】

You cannot be too careful about your behavior.
 【あなたは自分の行動に注意してもしすぎる事はない】

 

(4)may well + 動詞の原形
【恐らく~だろう/~するのも当然である】

You may well take action for yourself.
 【あなたが自分のために行動するのも当然である】

 

(5)may as well + 動詞の原形
【~した方が良い】

You may as well go home.
【あなたは帰宅した方が良い】

 

(6)might as well  A as B
【BするのはAする様なものだ】
AとBの順番を間違えない様に要注意

You might as well throw your money away as lend it to him.
 【あなたが彼にお金を貸すのは金を捨てる様なものだ】

 

(7)ought to + 動詞の原形
【~すべきである】

You ought to do your best
【あなたはベストを尽くすべきである】

 

(8)would rather A than B
BするならAする方が良い

I would rather be dead than stay alive in this country.
 【この国で生きるなら死んだ方ががましだ】

 

2.「not」を入れる位置の注意点

①慣用句は一纏まりで意味を成すので、
否定の意味にする際に「not」を間に入れない

〇You had better not go home.
You had not better go home.

 

〇You may well not go home. 
You may not well go home.

 

➡但し、ought to は ought not to になるので要注意

〇You ought not to go home. 
 ✖ You ought to not go home.

②【be used to + 動詞のing形
(~するのに慣れている)
】の【used to】は形容詞

I am used to playing in this park.

【この公園で遊ぶのは慣れている】

 

3.今回のアドバイス

 慣用句は一纏まりで意味を成すので、否定文にする時に「not」を入れる位置に注意する必要があります。これを克服するには慣れしかありません。数多く練習問題を解きましょう!

 

注目の参考書

こんな参考書を見つけました。熟語、慣用表現が多く載っている参考書が良いです。

動画を見ると理解が深まるので視聴をお勧めします。


【高校英語】助動詞の重要な表現を17分で覚える!

 

 「should」は覚える事が多いですが、抑えられていますか?

 過去形の助動詞+完了形=過去の気持ちの表現はこちらを参照ください。

 助動詞「will」の復習はこちらを参照ください。

 助動詞の復習はこちらを参照ください。

© 2020 tyugaku-eigo All Rights Reserved.