英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

不定詞の3用法と独立不定詞の表現 (No 24)⊿5

不定詞の3用法

 不定詞が来たら3用法の何れかを見抜ける力が必要だ。 3用法以外に《be動詞+不定詞》で「予定/義務/運命等の表現」も覚えた方が良い。また、独立不定詞は熟語として文全体を覚えればOKでそう難しくはない。これらを纏めたので活用ください。

 

 1.結論 (3用法の見分け方)

a)名詞的用法(「~すること」の意味で、主語の内容を補足)

①Taro's will is to be a famous doctor.
【タローの意志は有名な医者になる事です】
⇒「to become a doctor」は「Taro's will」の補語となっている。

② It is very difficult to revise the problem.
【その問題を改善するのは大変難しい】
⇒「to revise the problem」は「It 」と同じ意味を表している。

b)形容詞的用法(「~するための/ ~すべき」の意味で、目的語の内容を補足)

 ① Jiro has many frends to play baseball.
【ジローは野球をする友人が多数います】
 ⇒「to play baseball 」は「many friends」の内容を補足説明している。

② Please give me something to eat.
【何か食べるものをください】
⇒「to eat」は「something」を補足説明している。

c)副詞的用法(「~するために/ ~して」の意味で、動詞や形容詞の内容を補足)

目的(~するために)

I came to the park (in order) to play with my friends.
【友達と遊ぶために公園に来た】

目的を強調する場合は[ in order to / so as to ]を用いる

 

原因/理由(~して…)

I am glad to see you.
【お目にかかれて光栄です】

⇒【嬉しい(glad)】や【驚いた(suprised)】等の感情を表す語が前に来る

 

③判断の根拠(~するなんて…)

He must be foolish to say such a stupid word.
【彼はそんな馬鹿な事を言うなんて愚か者に違いない】

 

結果には下記のケースがある

a) wake up to find~「目覚めたら~と分かった」

I woke up to find myself in my room
【目覚めたら自分の部屋に居た】

 

b) graw up to be~「成長して~になった」

He grew up to be the famous doctor.
【彼は成長して有名な医者になった】

 

c) live up to  be ~「~歳まで生きた」

My father lived up to be 100 years old.
【私の父は100歳まで生きた】

 

d) only to + 動詞 ~「結局~に終わっただけだった」

My sister workde very hard only to loose  much money.
【姉は一生懸命働いたが、結局多くの金を失っただけだった】

 

e) never to + 動詞 ~「決して~しなかった」

My brother went to Tokyo, never to come back.
【兄は東京に行って、決して戻らなかった】 

 

2.予定/義務《Be動詞+不定詞》の表現⊿2

意味は下記の5パターン

予定【~する予定だ/~する事になっている】
I am to go to school from now.
【今から学校に行く予定です】 

 

義務【~すべきである】
You are to stay home.
【あなたは家に居るべきです】

 

可能性【~する事ができる】
A lot of stars are to be seen tonight.
【今夜は多くの星が見える可能性がある】

 

運命【~する運命だ】
He is to be dead at the end of this month.
【彼は今月末に亡くなる運命だ】

 

意図/目的【~するつもりである】
If you are to be rich, you shoud work much harder.
 【もしお金持ちになりたいなら、もっと懸命に働くべきです】 

 

3.独立不定詞の慣用表現⊿5

To tell the truth, I am not your brother.
 【実を言うと、私はあなたの兄ではない】

 

To be frank with you, I don't like this food.
 【正直に言うと、私はこの食べ物は好きではない】

 

To begin with, you must stat this work.
 【まず始めに、あなたはこの仕事からする必要がある】

 

To do her justice, we must say that she was right to refuse.
公平に見て、彼女が断わったのは正しかったと言わざるをえない】

 

To be sure, this is true.
【確かに、
これは事実だ】

 

To make matters worse, it is getting dark and cold.
【更に悪い事に
、暗く且つ寒くなりだしている】

 

To make a story short, he is a crazy man.
【端的に言うと、彼は狂人だ】

 

To think (that) we are sisters and I never knew it.
私たちが姉妹で私が全然それを知らなかったとはねえ(驚きだ)

 

So to speak, she is walking dictionary.
【言わば、彼女は生き字引だ】

 

Needless to say, you must drive a car carefully. 
【言うまでもなく、車の運転には注意しなければならない】

 

Strange to say, she is known to everybody.
 【不思議な事に、彼女はに皆に知られている】 

 

4.注意/暗記するポイント

(1)不定詞の名詞的用法では、
①自動詞が不定詞になった場合、前置詞が必要。例:the house to live in
②逆に、他動詞が不定詞になった場合、前置詞は不要。例:the town to visit.

 

(2)不定詞を否定形にするには、toの前に[not]を置く
 ➡ in order not to+動詞 /  so as not to+ 動詞

 

(3)It is+形容詞+for 人+to 動詞の原形』の構文では、
「人について判断する内容の形容詞」の場合は「of +人」になる。

 《foolish(愚か) / kind(親切) / wise(賢い)/ careful(注意深い) / brave(勇敢な) 》等
 ⇒ It is very foolish of you to do such a thing【そんな事をするのは愚かだ】

 詳細は下記リンクをご参照 

  

関連記事 

不定詞と動名詞の使い分けはこちらをご参照。
https://howto-komarigoto.work/entry/15_infinitive_gerund#gsc.tab=0

原形不定詞とその慣用表現はこちらを参照ください。
https://howto-komarigoto.work/entry/37_infinitive_idiomatic_expression#gsc.tab=0

 

◎失敗しない英語勉強法を知っていますか? 

 英語を勉強する努力を無駄にしたくない。それなら「英語資格の問題を解く」勉強がお薦めです。理由は、①資格問題を解くことがアウトプットの訓練になる。②勉強の成果が資格取得に結びつき、資格はあなたの能力の証明となる。資格のメリットを下記リンクで詳述しているので、気になる方は参照ください。 

今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。