英語やり直し勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

⑴中学英語で躓いてしまう処、⑵高校英語で抑えるべき処、⑶知らないと間違えてしまう処、これらを①「基本事項と例文・使い方」、②「注意/暗記すべきポイント」、③「アドバイス」の3点構成で説明。尚、現在リライトしており新しい内容を追記中。⊿マークが末尾にあるタイトルに注目ください。

比較級と最上級の慣用表現と例文・使い方 (No28)⊿1

比較級の慣用表現


 比較級を使った慣用表現には大変難しいものがある。例えば[no more than][not more than]だ。熟語として覚える事が多いのが比較と最上級の悩ましい処だ。その【no/not】を使った覚えるべき慣用表現を纏めたので活用ください。

 

1.慣用表現と例文・使い方

(1)「No 比較級/ Not 比較級を使った表現 

①A no+比較級+than B 
A=Bと同意と覚える。
更に
《A as + 反意語の原級 as B 》に書換え可能

This is no more expensive than that.
【これはあれほど貴重でない】

=This is as  cheap as that.
【これはあれと同じ位安っぽい】

⇒「expensive」の反意語は「cheap」

 

② no more than
= only【わずか~しか】

I have no more than $100
わずか100ドルしか持っていない】 

= I have only $100. 

 

③ no less than
= as much as【~も…】

I have no less than $100 
【私は$100持っている】 

 = I have as much as $100

 

④ not more than
= at most 【多くて~しか】

I have not more than $100.
【私は多くて$100しか持っていない】

= I have at most $100. 

 

⑤ not less than
= at least 【少なくとも~】

I have not less than $100.
【私は少なくとも$100持っている】

= I have at least $100.

 

(2)  最上級を表す表現 

A 最上級+名詞+in[of] B

America is the most powerful country in the world.

 

A 最上級+ of + all [the] + 名詞(複数形) + in B

America is the most powerful of all countries in the world.
👉allの後の名詞は複数形

 

A 比較級+ than any other + 名詞(単数形) + in B

America is more powerful than any other country in the world. 
👉any other の後の名詞は単数形

 

No [other]+名詞(単数形)+ in B + 比較級+ than + A   

No other country in the world is more powerful than America.   

 

No [other]+名詞(単数形)+ in B + as[so]+原級+ as + A 

No other country in the world is as powerful as America. 

【アメリカは世界中の国の中で最も力のある国だ】

⇒尚、上記 ①~⑤は全部同じ訳になる

 

(3) 比較級を使った慣用表現

a)原級

as many[much] as + 数詞~
【~もの多くの数の…】

He had written as many as five articles.
【彼は5つもの論文を寄稿した】

 

②数詞 + as 原級 as + ~
【…倍の~】

This hill is twice as high as that.
【この丘はあの丘より2倍高い】

 

③as + 原級 + as possible
【出来るだけ~】

He swam as fast as possible.
【彼は出来るだけ早く泳いだ】

 

④more + A(原級) + than +  B(原級)
【Bと言うよりむしろA】

He is more stupid than wise.
【彼は賢いと言うよりむしろ愚かだ】

AとBの形容詞を強調

 

⑤not so much  A as B
【Aと言うよりむしろB】

He is not so much  a stateman as a politican.
【彼は政治家と言うより政治屋だ】

⇒ AとBの名詞を強調

 

⑥not so much as + 動詞の原形
【~さえしない状態で】

He is standing not so much as say goodmorning.
 【彼はお早うも言わず立っている】

 

⑦without so much as+ 動詞のing形
【~さえしない状態で】

He is standing without so much as saying goodmorning
【 ↑  (⑥同上) 】

 

⑧as[so] long as ~
【~の限りにおいて】

I have a dream as long as I am alive.
【生きている限り、夢を持っている】

 

⑨as far as 場所【(場所)~まで】

I will drive my car as far as  my school.
【私の学校まで車を運転します】

 

⑩as[so] far as ~【~する限りでは】

As far as I am concerned, I have nothing to say.
【私に関する限り、お話する事はない】

 

b)比較級

the + 比較級 + of the two[+名詞]
【2つの内で~な方だ】

He is the older of the two brothers.
【彼は2人兄弟の内で年上の方だ】

 

the + 比較級(A) + ~ , the + 比較級(B) + …
【Aすればするほど、益々B】

The higher the sun rises, the warmer it becomes.
【日が高くなればなる程、益々蒸し暑くなる】

 

③比較級 + and + 比較級
【益々~】

He became more and more powerful.
【彼は益々力強くなった】

 

④肯定文, much[many] more ~
【…する。増して~する】

He can speak Japanese, much more Chinese.
【彼は日本語が話せる。増して中国語も話せる】

 

⑤否定文, much[many] less
【…しない。増して~しない】

He can't speak Japanese, much less Chinese.
【彼は日本語は話せないる。増して中国語はなおさら話せない】

 

⑥…(all) the better[more] for ~
【~のために一層…】

I like you all the better for your telling a truth.
【私はあなたが正直であるために一層気に入っている】

 

⑦…none the less for ~
【~であるけれど、それでも…】

I like you none the less for your being angry.
【あなたは醜いけれど、それでも私はあなたの事が好きです】

 

c)最上級を使った表現

①not in the least
【少しも~でない】

I am not in the least hungry.
【少しも空腹ではない】

 

②make the most of
(好条件の~)を最大限に利用する

You must make the most of this good situation.
【あなたはこの好機を最大限に利用すべきだ】

 

③make the best of
(悪条件の~)を最大限に利用する

You must make the best of this bad situation.
【あなたはこのピンチでも最大限に利用すべきだ】

 

2.注意/暗記するポイント

(1)『A no + 比較級 + than B』の覚え方は
no」で比較級を否定するので
反意語の意味においてA=Bになる
と覚える。

 

(2)no more than Aの覚え方は
「moreの反意語とイコール」
【~Aしか】

 

(3)no less than Aの覚え方は
「lessの反意語とイコール」
【~Aも】

 

(3) not more than Aの覚え方は
「not    A」
「否定(する)  Aより多い(事を)」
=
【Aが上限】

 

(4) not less than Aの覚え方は
「not    A」
 ⇒「否定  Aより少ない」
=【Aが下限】

 

(2)下記の表現では、AとBが、④と⑤では品詞が違う、訳す順が違う、事に注意

 ④more + A(形容詞の原級) + than +  B(形容詞の原級)
【Bと言うよりむしろA】

 

 ⑤not so much  A(名詞) as B(名詞)
【Aと言うよりむしろB】

 

 (3)下記の表現では、of以下の内容に違いがある事に要注意 

 ②make the most of
(好条件の~)を最大限に利用する】

 

 ③make the best of
(悪条件の~)を最大限に利用する】

 

3.今回のアドバイス

⑴先ずは、比較と最上級の形を体感で覚える事が重要。
⑵また、比較の慣用句表現はよく穴埋め問題で出されるので、その対応はカタチを覚えるしか方法はない。また、和訳は比較している対象を間違えない様にする事が重要。

 

私がやったお勧め勉強法⊿1  

 下記の様な例文を自分で作り何度も手書き音読を繰り返す。また、翌日は名詞や動詞の単語を変えて別の文章で同じ事を繰り返す。単純作業に思えるが後に繋がる大きな効用がある事をリンク先に載せているので参照ください。

私がやったお勧め勉強法の効用 - 英語を独学でやり直す勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

 

⑴This is no more expensive than that.⇒This isn't no more expensive than that.
⇒Is this no more expensive than that?⇒Yes, it is.⇒No, it isn't.

 

⑵I have no less than $100. ⇒I don't have no less than $100. ⇒Do you have no less than $100? ⇒Yes, I have.⇒No, I don't.

 

⑶I have not less than $100.⇒I don't have not less than $100.⇒Do you have not less than $100.⇒Yes, I have.⇒No, I don't.

 

⑷America is the most powerful country in the world.⇒America isn't the most powerful country in the world.⇒Is America the most powerful country in the world?
⇒Yes, it is.⇒No, it isn't.

 

⑸America is more powerful than any other country in the world. ⇒America isn't more powerful than any other country in the world. ⇒Is America more powerful than any other country in the world. ⇒Yes, it is.⇒No, it isn't.

 

⑹He had written as many as five articles. ⇒He had not written as many as five articles. ⇒Had he written as many as five articles⇒Yes, he had.⇒No, he hadn't.

 

⑺He swam as fast as possible.⇒He didn't swim as fast as possible.⇒Did he swim as fast as possible?⇒Yes, he did.⇒No, he didn't.

 

⑻He is the older of the two brothers. ⇒He isn't the older of the two brothers. 
⇒Is he the older of the two brothers? ⇒Yes, he is.⇒No, he isn't.

 

⑼I must make the most of this good situation.⇒I must not make the most of this good situation.⇒Must you make the most of this good situation ?
⇒Yes, I must..⇒No, I must not.

 

 

注目の参考書

 本書は関係詞と比較についての事象を徹底的に分析して解説しており詳しく勉強できるメリットあり。関係詞も難しい処であり一挙両得でお得な感じがします。

 

参考動画

理解を深めるメリットがあるので視聴をお勧めします。


否定語+比較級①富士山構文とno more than【基礎英文法講座第73講】


否定語+比較級②クジラ構文【基礎英文法講座第74講】

 

参考記事

同様に《not/no》を含む否定の慣用表現をこちら参照ください。

 《not / no》を含む否定の慣用表現② - 英語を独学でやり直す勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

 

 中学レベルでの復習大丈夫ですか?不安があればこちらを参照ください。

比較級の使い方 例外の注意事項 (No14) - 英語を独学でやり直す勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

 

比較級・最上級の考え方の参照元

英語の比較表現(比較級・最上級)を改めてマスターする基礎ルール | Weblio英会話コラム(英語での言い方・英語表現)

 

© 2020 tyugaku-eigo All Rights Reserved.