【例文解説】失敗しない英語やり直し勉強法

英語の学習単元を、①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外事項、の項目で簡潔に説明。英語の間違えやすい処を一緒に勉強して行きましょう。尚、このブログがお役に立ちましたら読者登録をお願します。

原級 / 比較級 / 最上級の慣用表現 (No 28)

形容詞の慣用表現は知らないと間違える。例えば〈more A than B【Bと言うよりむしろA】〉を 《He is more politican than stateman.【彼は(偉大な)政治家と言うより(単なる)政治屋だ】は正しいか?答えはNo。その理由を知りたい方は【2-⑴-⑤】ご参照。

f:id:tyugaku-eigo:20210224093609j:plain
目次 

 

1.結論  

原級/比較級/最上級で同じ意味の文章を書換えられる様にする
➡ 「3. 本章のアドバイス」をご参照。

⑵下記の①と②の違いを絶対に暗記することをお薦め。
➡AとBの「品詞と語順」に要注意。

①more + A(形容詞の原級) + than +  B(形容詞の原級)
【Bと言うよりむしろA】

②not so much + A(名詞)+ as+ B(名詞)
【Aと言うよりむしろB】

 

2.原級 / 比較級 / 最上級の慣用表現

⑴原級

as many[much] as + 数詞~【~もの多くの数の…】

He had written as many as five articles.
【彼は5つもの論文を寄稿した】

 

②数詞 + as 原級 as + ~【…倍の~】

This hill is twice as high as that.
【この丘はあの丘より2倍高い】

 

③as + 原級 + as possible【出来るだけ~】

He swam as fast as possible.
【彼は出来るだけ早く泳いだ】

 

④more + A(原級) + than + B(原級)【Bと言うよりむしろA】

He is more stupid than wise.
【彼は賢いと言うよりむしろ愚かだ】

 

⑤not so much  A as B【Aと言うよりむしろB】

He is not so much  a stateman as a politican.
【彼は(偉大な)政治家言うより(単なる)政治屋だ】

 

not so much as + 動詞の原形【~さえしない状態で】

He is standing not so much as say goodmorning.
 【彼はお早うも言わず立っている】

 

⑦without so much as+ 動詞のing形【~さえしない状態で】

He is standing without so much as saying goodmorning
【 ↑  (⑥同上) 】

 

⑧as[so] long as ~【~の限りにおいて】

I have a dream as long as I am alive.
【生きている限り、夢を持っている】

 

⑨as far as 場所【(場所)~まで】

I will drive my car as far as  my school.
【私の学校まで車を運転します】

 

⑩as[so] far as ~【~する限りでは】

As far as I am concerned, I have nothing to say.
【私に関する限り、お話する事はない】

 

⑵比較級

the + 比較級 + of the two[+名詞]
【2つの内で~な方だ】

He is the older of the two brothers.
【彼は2人兄弟の内で年上の方だ】

 

the + 比較級(A) + ~ , the + 比較級(B) + …
【Aすればするほど、益々B】

The higher the sun rises, the warmer it becomes.
【日が高くなればなる程、益々蒸し暑くなる】

 

比較級 + and + 比較級
【益々~】

He became more and more powerful.
【彼は益々力強くなった】

 

肯定文, much[many] more ~
【…する。増して~する】

He can speak Japanese, much more Chinese.
【彼は日本語が話せる。増して中国語も話せる】

 

否定文, much[many] less
【…しない。増して~しない】

He can't speak Japanese, much less Chinese.
【彼は日本語は話せないる。増して中国語はなおさら話せない】

 

…(all) the better[more] for ~
【~のために一層…】

I like you all the better for your telling a truth.
【私はあなたが正直であるために一層気に入っている】

 

…none the less for ~
【~であるけれど、それでも…】

I like you none the less for your being angry.
【あなたは醜いけれど、それでも私はあなたの事が好きです】

 

 ⑶最上級

not in the least
【少しも~でない】

I am not in the least hungry.
【少しも空腹ではない】

 

make the most of
【(好条件の~)を最大限に利用する】

You must make the most of this good situation.
【あなたはこの好機を最大限に利用すべきだ】

 

make the best of
【(悪条件の~)を最大限に利用する】

You must make the best of this bad situation.
【あなたはこのピンチでも最大限に利用すべきだ】

関連記事

①《no / not 比較級than》表現はこのリンク先で覚えるべき。
https://howto-komarigoto.work/entry/35_no_more_than#gsc.tab=0

② 《not/no》を含む否定の慣用表現はこのリンク先で確認することをお薦め。

 

本章のアドバイス

⑴比較するAとBが、①と②では品詞が違う、訳す順が違う事に注意 

more + A(形容詞の原級) + than +  B(形容詞の原級)
【Bと言うよりむしろA】

He is more stupid than wise.
【彼は賢いと言うよりむしろ愚かだ】

⇒ AとBの形容詞を強調

 

not so much + A(名詞)+ as+ B(名詞)
【Aと言うよりむしろB】

He is not so much a stateman as a politican.
【彼は政治家と言うより政治屋だ】

AとBの名詞を強調 

 

⑵同じ意味の文章の書換え表現
👉下記のとおり、①~⑤のパターンで書き換えられる様にする 

A+最上級+名詞+in[of] B

America is the most powerful country in the world.
【アメリカは世界中の国の中で最も力のある国だ】
⇒下記②~⑤も全部①と同じ訳

 

A+最上級+ of + all [the] + 名詞(複数形) + in B

America is the most powerful of all countries in the world.
👉allの後の名詞は複数形

 

A+比較級+ than any other + 名詞(単数形) + in B

America is more powerful than any other country in the world. 
👉any other の後の名詞は単数形

 

No [other]+名詞(単数形)+ in B + 比較級+ than + A   

No other country in the world is more powerful than America.   

 

No [other]+名詞(単数形)+ in B + as[so]+原級+ as + A 

No other country in the world is as powerful as America.  


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、読者登録をお願いします。