英語やり直し勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

⑴中学英語で躓いてしまう処、⑵高校英語で抑えるべき処、⑶知らないと間違えてしまう処、これらを①「基本事項と例文・使い方」、②「注意/暗記すべきポイント」、③「アドバイス」の3点構成で説明。尚、現在リライトしており新しい内容を追記中。⊿マークが末尾にあるタイトルに注目ください。

複合関係代名詞の慣用表現と例文・使い方 (No30)⊿1

複合関係代名詞


 高校で学ぶ関係代名詞は中学のそれより一気に難しくなる。例えば、[what]を用いた慣用表現や、[~ever]の様な複合関係代名詞、また「前置詞+関係代名詞」の様な慣用表現が出てくるからだ。ここで問われるのは「関係代名詞を使った文の書換え」だ。

  

 1.基本事項と例文・使い方

複合関係代名詞には、名詞接続詞の働きがある事を覚える。

👉whoeve】には接続詞の働きが無い事に留意

 

 ①whoever

a)名詞の働き【~する人は誰でも】
⇒ anyone who [whom]
に書換え可

 

Whoever comes to the party will be pleased.
= Anyone who
comes to the party will be pleased.~に書換え可

【パーティーに来た人は誰でも満足するでしょう】

👉複合関係代名詞が主語になると、動詞は3単現で受ける事に注意

 

 

 ②whatever

a)名詞の働き【~するものは何でも】の場合
⇒ anything that に書換え可

You can do whatever you wish
= You can do anything that you wish. に書換

【あなたが望む事は何でもできる】

 

b)接続詞の働き【例え~であっても】の場合
No matter whatに書換え可

Whatever you can do, you must do your best.
No matter what you can do, you must do your best. 

【例え何ができても、最善を尽くすべきだ】

  

 ③whichever

a)名詞の働き【~するものはどれでも】
⇒ any one that
に書換え可

You can select whichever you wish.
= You can select any one that you wish. に書換え可

【あなたが望む物は何でも選べる】

 

b)接続詞の働き【例えどちらを~しても】
⇒No matter which
に書換え可

Whichever you choose, you will win.
No matter which you choose, you will win. に書換え可  

【例えどちらを選んでも、あなたが勝つでしょう】

 

(2)関係詞whatを使った慣用表現の例文と使い方

what A was 【以前のA】
I am not what I was five years ago.

【私は5年前の自分ではない】

 

what A has【Aの財産】
I lost what I have.

【私は自分の財産を失った】 

 

what is called / what we call【言わゆる】
He is what is called a grate satateman.

【彼は言わゆる偉大な政治家だ】

 

what is more【更に】
She is beautiful and, what is more, clever.

【彼女は美しいし、更に賢い】

 

what is worse【更に悪い事に】
He is poor, and what is worse, stupid.

【彼は貧しく、更に悪い事に愚かだ】

 

2.今回のアドバイス

⑴複合関係代名詞は、(whoeverを除き)接続詞の働きがある事が関係代名詞との大きな違いだ。故に「No matter~」で書換えが可能でここが問われる。

⑵また、同時に名詞の働きもある故に「Anyone / Anything ~」の書換えも可能だ。この時、主語又は目的語になる事に留意すべき。

⑶[what]を使った慣用表現は、熟語として覚えてしまうのが最善。

 

 

私がやったお勧め勉強法⊿1  

 下記の様な例文を自分で作り、何度も手書き音読を繰り返す。また、翌日は名詞や動詞の単語を変えて別の文章で同じ事を繰り返す。単純作業に思えるが後に繋がる大きな効用がある事をリンク先に載せているので参照ください。

私がやったお勧め勉強法の効用 - 英語を独学でやり直す勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

 

 今回は、書換えを加えた訓練をお勧め。尚、今回は接続詞的役割の文章は不要。

Whoever comes to the party will be pleased.⇒Whoever comes to the party won't be pleased.⇒Will whoever comes to the party be pleased? ⇒Yes, he will.⇒No, he won't.⇒Anyone who comes to the party will be pleased.⇒Anyone who comes to the party won't be pleased.⇒Will anyone who comes to the party be pleased?⇒Yes, he will.⇒No,he won't.


You can do whatever you wish⇒You can't do whatever you wish⇒Can you do whatever you wish? ⇒ Yes, I can.⇒No, I can't.⇒You can do anything that you wish.
⇒You can't do anything that you wish.⇒Can you do anything that you wish?
⇒Yes, I can.⇒No, I can't.

 

You can select whichever you wish.⇒You can't select whichever you wish.⇒Can you select whichever you wish?⇒Yes, i can.⇒No, I can't.⇒ You can select any one that you wish.⇒ You can't select any one that you wish.⇒ Can you select any one that you wish?⇒Yes, I can. ⇒No, I can't.

 

 

注目の参考書
 こんな参考書を見つけました。関係詞に特化した参考書で理解を深めるのもありです。検討してみては如何でしょうか?


参考動画

 動画を見ると理解が深まるので視聴をお勧めします。


複合関係代名詞と関係形容詞【基礎英文法講座第54講】

 

関連記事

複合関係副詞の方は理解できていますか?

関係副詞と複合関係副詞の例文・使い方 (No31) - 英語やり直し勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

 

中学レベルの関係代名詞の復習は、こちらを参照ください。

先行詞と関係代名詞の使い分け⊿1 (No19) - 英語やり直し勉強法【知ってお得な英文法3点解説!】

 

複合関係代名詞の考え方の引用元

Weblio和英辞書 - 「複合関係詞」の英語・英語例文・英語表現

 

© 2020 tyugaku-eigo All Rights Reserved.