英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

仮定法の例文と使い方 (No 32)⊿4

仮定法

  仮定法は文法ルールが奇異な事が難しい。例えば《If I were you,~》の表現や動詞の時制が主節と従属節でズレると言った『今まで習った文法では無かった事象が起こる』ところだ。仮定法の基礎的な知識をまとめたので活用ください。 

 

1.結論

⑴Ifの従属節の動詞は過去形、又は、過去完了形で、主節の動詞の時制より1つ以上過去になることを、仮定法の鉄則として暗記することをお勧めします。

 

仮定法過去のbe動詞は、人称に関係なく「wereになる。 

 

⑶仮定法未来の『If +主語+should+動詞の原形~』『If +主語+were to+動詞の原形~』は熟語として暗記することを推奨します。⊿4 

 

2.基本事項と例文・使い方

(1)仮定法過去の形と意味

If+主語+動詞の過去形~, 主語+would / should / 等+動詞の原形~

「もし(現在に)~ならば…するのに」
⇒《現在の事実に反する事を仮想的に述べる

If  I knew your telehone number, I would call you.
【もしあなたの電話番号を知っていれば、電話しているのに】
⇒ As I don't know your telehone number, I wouldn't call you.と言う意味を言外に示唆 

 

(2)仮定法過去完了の形と意味

If+主語+had+動詞の過去分詞~, 主語+would / should /+have+動詞の過去分詞

「もし(過去に)~していたら…したのに」
⇒《過去の事実に反する事を仮想的に述べる

If  I had known your telehone number, I would have called you.
【もしあなたの電話番号を知っていたら、電話していたろうに 】
⇒ As I didn't know your telehone number, I wouldn't call you.と言う意味を言外に示唆  

 

 (3)仮定法未来の3パターンと意味

① If +主語+should+動詞の原形~, 主語+ will / would/等+動詞の原形

「万一~すれば、…するだろう」
⇒《可能性の低い未来の事を仮想的に述べる

 If it should be fine tomorrow, I will [/would ] go shopping.
【万一明日晴れれば、私は買い物に行きます】

晴れない』と思っているが、可能性があるのでshouldを用いる  

②If +主語+were to+動詞の原形~, 主語+ will / would/等+動詞の原形

「仮に~するとしても、…するだろう」

⇒《可能性のない未来の事を仮想的に述べる

 If the sun were to rise in the west, I would not say such a stupid word.
【仮に太陽が西から昇るとしても、私はそんな愚言を言いません】

 『太陽が西から昇る』有り得ない事なので、were toを用いる  

③「可能性はあるが基本的に起こり得ない」場合は、主節の助動詞は過去形

If it should be rainy tomorrow, our camp would be postponed.
【もし明日雨ならば、キャンプは延期されるだろう】

 

3.注意/暗記するポイント

(1)仮定法過去の動詞がbe動詞の場合、人称に関係なく「were」を使う

If I were you. I would not say such a stupid word.
【もし私があなたなら、私はそのような愚言は言わない】

 

(2)①「条件を表す副詞節( If + 動詞の現在形)」と②仮定法過去、との違いに要注意

 ①If it is fine tomorrow, I wii go shopping.
【もし明日晴れなら買い物に行きます】⇒単なる未来の予想

 

 ②If it were fine tomorrow, I would go shopping.
【もし明日晴れなら買い物に行くのに (晴れてないので行きません)】
⇒現在の事実と反対の事を仮想している

 

(3)時制が一致しない表現もある。

①If 節が、仮定法過去完了《過去の事実に反する事を仮想的に述べる》の時は、過去を表す副詞が使われる『then / yesterday / at the time / in those days』

 

②主節が、仮定法過去《現在の事実に反する事を仮想的に述べる》の時は、現在を表す副詞が使われる『now』

 

If you had finished your homework then, you would be free now.

【もしあなたがその時に宿題を終えていれば、今頃は自由だったのに (終えなかったので自由でない)】  

 

関連記事

応用編《as if / i wish》を使った仮定法も併せて参照ください。
https://howto-komarigoto.work/entry/33_subjunctive_idiomatic_expression#gsc.tab=0

  更に難しい仮定法は、上級編《ifの省略》仮定法を参照ください。 

 

◎失敗しない英語勉強法を知っていますか? 

 英語を勉強する努力を無駄にしたくない。それなら「英語資格の問題を解く」勉強がお薦めです。理由は、①資格問題を解くことがアウトプットの訓練になる。②勉強の成果が資格取得に結びつき、資格はあなたの能力の証明となる。資格のメリットを下記リンクで詳述しているので、気になる方は参照ください。 


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。