【例文解説】失敗しない英語やり直し勉強法

英語の学習単元を、①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外事項、の項目で簡潔に説明。英語の間違えやすい処を一緒に勉強して行きましょう。尚、このブログがお役に立ちましたら読者登録をお願します。

《I wish / as if 》仮定法と慣用表現 (No 33)

 仮定法で《 I wish I were you. 》「もし私があなたなら良いのに」 は誰もが勉強する表現だ。この様に仮定法は If 節で始まる表現ばかりではない。今回は仮定法の応用的な表現を確認する。気になる方はご参照。

仮定法を含む慣用表現

目次

 

1.結論 

仮定法は主節と従属節の動詞の時制は1つ以上ズレるので時制は一致しない。
この原則は仮定法の慣用表現でも同じ。

👉逆説的に、主節と従属節の動詞の時制がズレている文章がある時は、「この部分は文法的にオカシイ」➡「あり得ない仮定の話をしている」と読者に注意喚起している、と気付くと仮定法は見抜ける様になる。

 

2.仮定法の例文・使い方 

(1) I wish + 仮定法《絶対に無理だろうという願望に使う

現在事実に反する願望を表す【~であれば良いのに】
仮定法過去を用いる

I wish I were a bird.【私が鳥であれば良いのに】

I wish I could buy a car, but as it is I don't have that much money.
【私はオートバイを買いたいが、実はそんなにたくさんお金を持っていない】

 

過去事実に反する願望を表す【~であったら良いのに】
仮定法過去完了を用いる

I wish I had been a bird.【私が鳥であったら良いのに】

 

(2) as if + 仮定法《as thoughも同じ意味》

現在事実に反する事を表す【まるで~であるかの様に】
仮定法過去を用いて、主節の動詞と時制が同じ内容、を表す

①He keeps silent as if he knew nothing.
【彼はまるで何も知らない様に沈黙している】

②I feel as though I were dreaming.
【私はまるで夢を見ているかのような気がする】

 

過去事実に反する事を表す【まるで~であったかの様に】
仮定法過去完了を用いて、主節の動詞より時制が1つ前の内容、を表す

①She told as if she had known everything.
【彼女は全てを知っていたかの様に話した】

②He looked as if he hadn't slept for a week.
【彼はまるで1週間眠っていないかのように見えた】

 

⑶ It isn't as if + 仮定法【~と言うわけではあるまいし】

It isn't as if he didn't know anything about baseball.
【彼は野球の事など全く知らないと言うわけではあるまいし】 

It isn't as if he were poor.
【彼は金に困っているわけではあるまいし】

 

 ifが省略された時に起こる倒置

ifが省略され、were, had, should等の助動詞や動詞が文頭に出て倒置する

仮定法過去
If I were you, I would not  say such a stupid word.
= Were I you,  I would not  say such a stupid word.
【私があなたなら、そんな愚言を言いません】

 

仮定法過去完了
If I had known the trueth, I would have done nothing.
=Had I known the trueth, I would have done nothing.
【もし私が真実を知っていたなら、何もしなかっただろう】

 

仮定法未来
If it should be fine, we will go shopping.
=Should it be fine, we will go shopping.
【晴れれば、買い物に行きます】

 

3.仮定法の慣用表現

It is time + 仮定法過去【もう~する頃合いだ】
It is about time / It is high time》
そろそろ~時間だ/とっくに~時間だ】

It is about/[high] time you went to school.
【もう学校に行く時間だ】

It is about/[high] time you went to bed.
【とっくに寝る頃だ】

 

【もし、~がなければ/ なかったら …するだろう/ しただろう】 
If it were not for 名詞,+ 仮定法過去/過去完了
a) If it were not for your money, I could not succeed

Were it not for  名詞,+ 仮定法過去/過去完了
b) Were it not for your money, I could not succeed.

But for 名詞,+ 仮定法過去/過去完了
c) But for your money, I could not succeed.

Without 名詞,+ 仮定法過去/過去完了
d) Without your money, I could not succeed.

【もし、あなたのお金がなければ、私は成功しないだろう】
👉a~d全部同じ意味。どのパターンでも書換えられるとbetter

 

If only ~,+仮定法過去/過去完了
【~さえすれば…/~さえしていたなら…】

If only I could play the piano.
【ピアノさえ弾ければなあ】  

If only I could sing in a little higher key.
【もう少し高い声で歌えればなあ】

 

お薦め勉強法⊿1 
下記に私が実践した勉強法とその効用を説明。気になる方はご参照。  

⑴"He keeps silent as if he knew nothing."
⇒"He doesn't keeps silent as if he knew nothing."
⇒"Does he keep silent as if he knew nothing?"
⇒"Yes, he does.⇒No, he doesn't."
【as if表現の練習】

⑵"She told as if she had known everything."
⇒"She didn't tell as if she had known everything."
⇒"Did she tell as if she had known everything?"
⇒"Yes, she did.⇒No, she didn't."
【過去完了のas if表現の練習】

⑶"If it were not for your money, I could not succeed."
⇒"Were it not for your money, I could not succeed."
⇒"But for your money, I could not succeed."
⇒"Without your money, I could not succeed."
【同じ意味の言い換え練習を単語を変えてできる様にする】   

 

関連記事

①仮定法の《ifの省略》表現は大丈夫ですか?不安ならこちらをご参照。

②仮定法の基礎は完璧ですか?復習はこちらをご参照。
https://howto-komarigoto.work/entry/32_subjunctive#gsc.tab=0

 

 
今回の内容があなたのお役に立ちましたら、読者登録をお願いします。