【例文解説】失敗しない英語やり直し勉強法

英語の学習単元を、①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外事項、の項目で簡潔に説明。英語の間違えやすい処を一緒に勉強して行きましょう。尚、このブログがお役に立ちましたら読者登録をお願します。

〈no 比較級 than〉構文の覚え方 (No 35)

「クジラの構文」《A whale is no more a fish than a horse is.【馬が魚でないのと同様にクジラは魚ではない】》は有名。しかしその応用で〈no/not 比較級 than〉は理解できていますか?no/not」の違いで意味が全く異なる。 覚え方を知りたい方はご参照。

f:id:tyugaku-eigo:20210214134202j:plain

目次

 

1.結論 

〈no / not 比較級 than〉構文をマスターするには、下記の暗記を推奨。

no=比較級の反意」「not=比較級の否定を常に意識する。

《A no/not [more/less]+形容詞+than B》パターンの違いを理解する。
➡ ①not more / [not less] 比較級 than は、単なる否定文
  ②no more / [no less] 比較級 thanは、下記【2-⑴,⑶】の様に覚える

《 no [more/less](数詞)》を下記の様な4例文を作り再現できる様にする。

⑷下記例文のとおり、同義の意味になる例文も併せて暗記する。

 He worked no more than two hours.
【彼はわずか2時間しか働かなかった】
= He worked only two hours. と同義。 

② He gave me no less than $500.
【彼は私に 500 ドルくれた】 
= He gave me as much as $500.と同義。 

③ You can take not more than two bottles of wine into the country.
【この国に持ち込めるワインは、多くて2本までだ】
= You can take at most two bottles of wine. と同義。 

Not less than thirty workers were injured.
少なくとも30人の労働者が負傷した】
=  At least thirty workers were injured.と同義。

 

2.同義の表現と覚え方

(1)《A no more 形容詞 than B》
「no more 形容詞」は『形容詞の反意で、A=B』
を意味すると覚える。

①This is no more expensive than that.
【これはあれと同じくらい安っぽい

=This is as cheap as that.と同義。
「expensive」の反意語は「cheap」でこの意味で〈This=that〉が成立する。

②I'm no more nervous than you are.
【私はあなたと同じくらい楽観している

=I’m as cheerful as you are.と同義。
「nervous」の反意語は「cheerful」

 

《A no more than C》
「A no more B」は『A≠Bの関係(不相当/不等位)
を意味すると覚える。

A whale is no more a fish than a horse is.
【馬が魚でないのと同様にクジラは魚ではない】

 

《A no less 形容詞 than B》
「no less 形容詞」は『形容詞の同意で、A=B』
を意味すると覚える。

①She is no less beautiful than her sister.
【彼女は姉に劣らず美しい】
= She is as beautiful as her sister.と同義。

②Tom is no less clever than his big brother.
【トムは兄に劣らず利口だ】
=Tom is as clever as his big brother. と同義。

 

⑷《A not more / [not less] 形容詞 than B》は、単なる否定文

a)not more 形容詞」は形容詞の否定で、A≠B(等しくない)』を意味する

This is not more expensive than that.
【これはあれより高価ではない

b)「not less 形容詞」は『形容詞の同意で、A=B』を意味する

She is not less beautiful than her sister.
【彼女は姉より美しくないことはない同じくらい美しい】

 

《A no less than C》
「A no less B」は『A=Bの関係(相当/等位)
を意味すると覚える。

A whale is no less a mammal than a horse is.
【馬と同様に、鯨は哺乳動物だ

 

no more than A(数詞)》
「more(~も)の反意でのA」➡【わずかAしか】と覚える。

I have no more than $100【わずか100ドルしか持っていない】
= I have only $100. と同義。

 

no less than A(数詞)》
「less(~しか)の反意でのA」➡【(Aも】と覚える。

I have no less than $100. 【私は$100持っている】
= I have as much as $100.と同義。

 

not more than A(数詞)》
「not」は否定の意味のA『≠A(Aではない)』を表し、
「not    A」は、「否定する  Aより多い」と解釈して
【多くてもAしか / Aが上限】と覚える。

I have not more than $100.【私は多くて$100しか持っていない】
= I have at most $100. と同義。

 

not less than A(数詞)》は 
「not    A」 ⇒「否定する  Aより少ない」と解釈して
【少なくてもAも / Aが下限】 と覚える。

I have not less than $100.【私は少なくとも$100持っている】
= I have at least $100.と同義。

上記の基礎を念頭に、下記の勉強を推奨。

⑴原級や最上級を用いた慣用表現はこちらをご参照。
https://howto-komarigoto.work/entry/28_comparative_diomatic_expression#gsc.tab=0  

⑵余裕があれば《not/no》を含む否定の慣用表現を覚えることもお薦め。

 

英語勉強で自分を変える方法 気になる方はご参照。

 今回の内容があなたのお役に立ちましたら、読者登録をお願いします。