英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で躓いた人からTOEIC等に備えたい人に発信。 知るべき『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

原形不定詞の違いと慣用表現(No37)

f:id:tyugaku-eigo:20210214110007j:plain

 不定詞は、常に《to+動詞の原形》とは限らず原形不定詞もある。使役動詞や知覚動詞を使うケースだ。また、原形不定詞の慣用表現はTOEIC等にも頻出して問われる内容だ。ここを纏めたので活用ください。

1.結論

⑴使役動詞の《make/have/let》は意味のニュアンスに違いがあるので要注意。

⑵知覚動詞の後は、①原形不定詞、②現在分詞、③過去分詞のケースバイケース。

⑶原形不定詞の慣用表現は、否定文の「not」を入れる位置に要注意。⊿4

 2.原形不定詞の例文・使い方

使役動詞は、下記の様にニュアンスが異なる

make+人+原形不定詞【人に無理に~させる(強制)
 I made him clean his room
【私は彼に(無理に)部屋を掃除させた】

have+人+原形不定詞【人に~してもらう(依頼)
 I had him clean his room
【私は彼に(お願いして)部屋を掃除させた】

let+人+原形不定詞【人に~させる(許可)
I let him clean his room
【私は彼に(自由に)部屋を掃除させた】

 

知覚動詞は、人間の五感に関わる動詞が使われる。

see+人[人称代名詞の所有格]+原形不定詞【人が~するのを見る】
 I saw her sing a song.
【私は彼女が歌を歌っているのを見た】  

hear+人[人称代名詞の所有格]+原形不定詞【人が~するのが聞こえる】
 I heard her sing a song.
【私は彼女が歌を歌っているのが聞こえた】   

feel+人[人称代名詞の所有格]+原形不定詞【人が~するのを感じる】、等 

 I felt her sing a song.
【私は彼女が歌を歌っているのを感じた】 

 

3.原形不定詞の慣用表内容

(1)《had better+原形不定詞
【 ~した方が良い】 (1人称以外で、忠告の意)

You had better stop drinking too much.
【あなたは多量の飲酒を止めた方が良い】

 

否定文はhad better not+原形不定詞》👈「not」の位置に注意
【 ~しない方が良い】
You had better not stop drinking too much.
【~飲酒を止めない方が良い】

 

疑問文はHadn`t+主語+ better +原形不定詞?
【~した方が良いのではないですか?】

Hadn't we better go alone?
【一人で行った方が良いのではないですか】

 

付加疑問文は【~した方が良いですよね?】👈普通の付加疑問文と同じ

We had better put off our jacket in the room, hadn't we ? 
【私たちは部屋では上着を脱いだ方が良いですよね】 

 

(2)《would rather+原形不定詞
どちらかと言うと ~したい】

I 'd rather stay home today.
【今日はどちらかと言うと家に居たい】
⇒「'd rather」の様に短縮して用いられる事が多い

 

否定文はwould rather not+原形不定詞
どちらかと言うと ~したくない】

would rather not stay home today.
【今日はどちらかと言うと家に居たくない】

 

疑問文はWould+主語+ rather +原形不定詞 ?
【どちらかと言うと ~したいですか?】

Would you rather stay home today ?
【今日はどちらかと言うと家に居たいですか】

 

(3)《cannot but+原形不定詞
 ~せざるを得ない】
I cannot but feel sorry for her.
【私は彼女に同情を感じ得ない】

⇒《can't help ~ing》及び 《can't help but +原形不定詞》も同じ意味
I can't help saying so.
= I can't help but say so.【そう言わざるを得ない】  

4.最後は、客観的な実力判断も必要です  

 知識を蓄積したらそれを腕試しする機会を作ることも重要です。何故なら個人の勉強では第三者の客観的な実力診断ができないからです。故に何かを利用して解答の正誤を客観的に判定する仕掛けを勉強に入れることは、英語力向上の見極めに必要なのです。

その対応方法を下記リンクに説明していますので参照ください。

関連記事
独立不定詞との違いを抑えるなら、下記のリンクをご参照。

 不定詞の名詞的/形容詞的/副詞的用法の基礎は抑えていますか? 

  
今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。

本ホームページに記載の文章、画像、等を無断で複製することを禁じます。