英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

be動詞(現在形/過去形)と人称代名詞の使い分け (No 3)⊿3

 Be動詞

 中学英語で最初に挫折するのが「be動詞」。理由は、be動詞が人称代名詞によって語形変化を起こすことを理解できなかったからだ。やり直しの第一歩は『人称代名詞別のbe動詞の語形変化』を捉えることです。

 

1.結論

人称代名詞とbe動詞の関係は、下記のとおり

⑴人称代名詞とセットで使われるbe動詞の現在形は、下記パターンのみ

a)  I ⇒ am  

b) 「I」以外の単数の人称代名詞【He/ She/ It】⇒ is  

c) You / We / They  ⇒ are

 

⑵be動詞の過去形は、下記2パターンのみ

a) I / he / she / it  was 

b) You / We/  They  were

 

2.基本事項と例文・使い方

①肯定文は「(~です/~の状態である)」を表す

I am Taro.【私はタローです】   

We are a familly【私たちは家族です】

He was in his room now.【彼は今自分の部屋にいた】 

 

②否定文は、be動詞の後にnotを付ける 

I am not Jiro.【私はジローではない】

They are not  friends.【彼らは友達ではない】

She was not in her home.【彼は自分の家に居なかった】  

 

疑問文では、主語と動詞の語順が逆に、語尾には「?」を付ける

Are you Hanako ?【あなたは花子ですか】
Yes, I am.【はい、そうです】/ No, I am not .【いいえ、違います】

Are you a familly ?【私あなたたちは家族ですか】
Yes, we are.【はい、そうです】/ No, we are not .【いいえ、違います】 

Was he in his room ?【彼は自分の部屋に居ましたか】
Yes, he was.【はい、居ました】/ No, he was not .【いいえ、居なかった】

 

お薦め勉強法⊿1
Be動詞と人称代名詞のパターンを暗記することが重要です。
下記に私が実践した勉強法とその効用を説明しているので参照ください。

人称別の動詞の語形変化を肯定/否定/疑問/応答文で練習する事をおお薦めします。

①"I am Taro."
⇒ "I am not Taro."
⇒"Are you Taro? "
⇒"Yes I am. ⇒ No, I am not."

②"You are Taro."
⇒"You aren't Taro."
⇒"Are you Taro? "
⇒"Yes I am. ⇒ No, I am not."

③"He is Taro."
⇒"He isn't Taro."
⇒"Is he Taro?" 
⇒"Yes, he is. ⇒No, he isn't."

④"She is Hanako."
⇒"She isn't Hanako."
⇒"Is she Hanako?"
⇒"Yes, she is.⇒ No, she isn't."

⑤"We are a familly."
⇒"We aren't a familly."
⇒"Are you a familly?"
⇒"Yes we are.⇒ No, we aren't."

⑥"They are friends."
⇒"They aren't friends."
⇒"Are they friends ?"
⇒"Yes they are.⇒ No, they aren't."

⑦"It is a book."
⇒ "It isn't a book."
⇒"Is it a book ?"
⇒"Yes, it is.⇒No, it isn't."

⑧"He was  in the toilet".
⇒"He wasn't  in the toilet" .
⇒"Was he in the toilet?" .
⇒Yes, he was.⇒No, he wasn't.
【①~⑦も過去形にして練習する事をお勧め】 

 

関連記事 
一般動詞は抑えましたか? 
 一般動詞の肯定 / 否定 / 疑問文の語形変化 (No 5)⊿6

動詞過去形の肯定/否定/疑問文の語形変化 (No 9)⊿4  


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。