英語を独学でやり直す勉強法【目~ウロコの英文法3点解説!】

易から難の順で ①基本と例文の使い方、 ②例外・慣用表現や間違え易い盲点、 ③体感的英語習得法、 を中学英語で躓いた人からTOEIC等に備えたい人に発信。 付加価値ある『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

疑問詞に《名詞/形容詞》が付いた例文と使い方 (No 7)⊿2

 疑問詞の慣用表現

 疑問詞で躓いてしまうのは疑問詞に名詞や形容詞が付く表現の理解不足だ。疑問詞の扱いに苦労している時に、更に名詞や形容詞が加わり頭がパニック状態になる。そんな時でも落ち着いて基本を見直そう。その対応を纏めたので活用して頂きたい。 

 

1.疑問詞を使った表現

a)《疑問詞+名詞》の疑問文 

 What / Which / whose / drink do you want ?
【何の/どの/誰の/ 飲み物が欲しいのですか】

 

b)《How+形容詞/副詞》の疑問文 

How old are you ?【あなたは何歳ですか】

 

c) 《How many / much 》量を聞く疑問文

How many books do you have ?【本を何冊持っていますか】 

How much money does he have ?【彼はどれ位お金を持っていますか】

 

d) 慣用表現

What time is it ?【何時ですか】 

What day is today ?【今日は何日ですか】 

What the date today ?【今日の日付けは何日ですか】 

 2.注意/暗記するポイント

(1)《疑問詞+名詞》及び《How+形容詞/副詞》の疑問文 では、①疑問詞が文頭に来る、②疑問詞の後に名詞/形容詞/副詞が来る、③その後ろは通常の疑問文の語順、にすると覚える。 

 

⑵《How many / much 》量を聞く疑問文の使い分けは、①many+可算名詞の複数形、②much+不可算名詞の様に、名詞が可算か不可算かで使い方が異なる。

 3.今回のアドバイス

例文で多くの表現を覚える事をお勧めする。下記の勉強法を参考にしては如何? 

 

お勧め勉強法⊿1
下記に私が実践した勉強法とその効用を説明しているので参照頂きたい。 

①"What drink do you want ?"⇒"I want a cup of coffee."
"Which drink do you want ?"⇒"I want this one."
"Whose drink do you want ?"⇒"I want his one."
【What / Which / whose等の使い分けを練習】

②"How old are you ?"
⇒"I am twenty year's old."
"How old is he ?"
⇒"He is five year's old."
【人称代名詞別の使い分けを練習】
 
③"How many books do you have ?"
⇒" I have two books."
How much money does he have ?
⇒"He has much money in his house."
【可算/不可算名詞別に使い分ける練習】
 
 
関連記事

お勧めの参考書
疑問詞、疑問文、可算名詞、等の新しい要素が加わってもルールをシッカリ覚えられる参考書をお勧め。 

 

客観的な実力診断の勧め⊿2  
英語知識を蓄積したらそれを腕試しする機会を作る事をお勧めする。問題集では第三者の客観的な実力診断ができない。故に何かを利用して解答の正誤を客観的に判定する仕組みを取り入れる事は、あなたの英語力の正確な評価に必要だ。
もし費用面を重視するなら『スタディーサプリ』は検討の候補になる。 無料体験で自分に向いているか試す価値あり。
 受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

本ホームページに記載の文章、画像、等を無断で複製することを禁じます。