英語やり直し‼ 学Blog

英語学習のやり直しに、間違えやすい事項を①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外事項、等で単刀直入に説明。 知っていると役立つ知識を解説します。尚、このブログはモバイル版よりPC版での学習をお薦めします。

〈It is ~ for 人 to不定詞〉と《It is ~ that S+V》の違い

 

 

〈It is ~that S+V〉と《It is ~for/of 人 to不定詞》構文の違いを理解できていますか? 例えば《It is dangerous that you swim across the river 【あなたがその川を泳いで渡るのは危険だ】》は正しいか? 答えはNo。何故だか知りたい方は【3-⑴-①】ご参照。

it is that構文の説明写真

目次

1. 結論 

〈It is ~that S+V〉《It is ~for / of 人 to不定詞》形容詞で使い分け。
具体例は下記をご参照。

 


〈It is ~that S+V〉【SがVするのは~だ】の意味で、

〈~〉に当たる形容詞は、事象の客観的な真偽・状態を意味する語
例)apparent【明らかな】/ certain【確かな】/他は下記ご参照

 

 

《It is ~for A to不定詞》【AにとってVするのは~だ】で、

〈~〉に当たる形容詞は、Aの行為に対する客観的判断を意味する語


例)dangerous【危険な】/ difficult【難しい】/ 他は下記ご参照
👉 to不定詞は「Aがこれから行う未来の行動」を示す

 


《It is ~of A to不定詞》【AがVするのは~だ】で、

〈~〉に当たる形容詞は、Aの行為に対する主観的評価を意味する語
例)bad【ひどい】/ bold【大胆な】/ 他は下記ご参照

 


両方の構文が使える形容詞もあるので、併せて暗記することを推奨。
例)(im)convenient【(不便な)/便利な】/ delightful【楽しい】/ 他は下記ご参照

2.〈It is ~that…〉構文

客観的な事象の真偽・状態を述べる場合に《It is ~that…》構文を用いる。
👉to不定詞構文には使わない。

 

 

《It is ~that…》構文のみに用いる形容詞は、下記のとおり。

apparent【明らかな】
certain【確かな】
clear【明らかな】
impossible【あり得ない】
improbable【ありそうにない】
likely【ありそうな】
obvious【明らかな】
plain【明らかな】
possible【あり得る
probable【ありそうな】
true【本当の】
unclear【不明瞭な】
unlikely 【ありそうもない】
well-known【周知の】

 

①It was apparent that she was ill.
【彼女が病気なのは明白だった】 

 

②It was certain that I had thier support.
【私が彼らの支持を得たのは確だった】

 

③It is impossible that what I placed here just now can have disappeared.
【ここに置いた物が無くなる筈が無い】

 

④It is possible that she is still alive.
【彼女がまだ存命なことは考えられる】

 

 

1⃣👉【可能な/不可能な】の意味での (im)possibleは、
《It is ~
for A to動詞》構文にできることに要注意。  

 

①It is impossible for him to learn English.
【彼が英語を学ぶ事は無理だ】

 

②it is possible for her to go to the philippines.
【彼女がフィリピンに行くのは可能だ】

 

 

2⃣👉《It is 形容詞 that…》構文に関連することで、
仮定法現在は[should]が省略されるこれは知っておくべき。

3.《It is ~for/of A to動詞》構文

⑴《It is ~for A to動詞》構文は【…するのは、A(人)にとって~だ】の意味を表し
Aの行為対する状態・程度についての客観的判断を述べる場合に用いる。

 

※《It is ~for A to動詞》構文のみに使う形容詞は、下記のとおり

客観的判断を表す」形容詞を使う。👉that構文には使わない。

dangerous【危険な】
difficult【難しい】
easy【易しい】
hard【難しい】
(im)possible【(不)可能な】
safe【安心な】
tough【困難な】
useless【無益な】
usual【普通の】

①it is dangerous for you to swim across this river.
【この川をで泳いで渡るのは危険だ】

 

②It is useless for him to learn Japanese.
【彼が日本語を学ぶ事は無益だ】

 

 

⑵《It is ~of A to動詞》は【…するとはA(人)は~だ】意味を表し、
Aの行為に対する主観的評価を述べる場合に用いる。 

 

※《It is ~of A to動詞》にのみ使われる形容詞は下記のとおり

主観的評価を表す」形容詞を使う。👉that構文には使わない。

bad【ひどい】
bold【大胆な】
brave【勇敢な】
careless【不注意な】
clever【賢明な】
crazy【無分別な】
cruel【残酷な】
decent【寛大な】
foolish【馬鹿な
good【親切な】
honest【正直な】
kind【親切な】
noble【高潔な】
polite【礼儀正しい】
right【正しい】
rude【無作法な】
selfish【利己的な】
sensible【良識のある
silly【愚かな】
sweet【優しいい】
thoughtful【思いやりのある】
unkind【不親切な】
wicked【意地の悪い】
wise【賢い】
wrong【悪い】

①It was foolish of you to do a thing like that.
【あんな事をするとは君も馬鹿だ】 
=You were foolish to do a thing like that.

 

②It is very good of you to say so.
【そう言って下さるはご親切に】

 

③It is not wise of you to help him with his homework.
【彼の宿題を手伝うなんて、君は愚かな人だ】 

 

④It is wrong of you to find fault with her.
【彼女のあら捜しするなんで、あなたが悪い

 

  

1⃣👉wrong間違っている】goodが【良い】の意味で用いられる場合は、
《It is ~for A to動詞》構文で使われることに要注意

 

①It is wrong for you to find fault with another person.
【他人の粗探しする事は間違っている

 

②It is not good for you to think about that too seriously.
【その事を深刻に考えるのは良くない】

 

 

2⃣👉foolishwiseは《It is ~for A to動詞》構文で使われることもある

 

①It is not foolish for you to do a thing like that.
【君があんなことをする事自体馬鹿げている

 

②It is not wise for you to help him with his homework.
【あなたが彼の宿題を手伝う事は賢明ではない

 

Aの行為対する状態・程度についての客観的判断を述べる訳にする。

4.〈It is ~that〉と《It is ~for/of 》

両方の構文に使える形容詞は、下記のとおり。

 

(im)convenient【(不便な)/便利な】
delightful【楽しい】
(un)important【重要な / 重要でない】
(un)natural【(不)自然な/自然の】
(nu)necessary【(不)必要】
regrettable【残念な】/ 等

 

〇)It is neccsary that you (should) learn Japanese.
〇)It is neccsary for you to learn Japanese.
【あなたは日本語を学ぶ事が必要だ】 

 

〇)It is natural that he should say so.
〇)It is natural for him to say so.
【彼がそういうのも無理もない】

 

〇)It is regrettable that we could not reach any agreement.
〇)It is regrettable for us to be unable to reach any agreement.
【合意に至らなかったのは残念だ】

本章の豆知識

《It is ~for/of A to動詞》構文は「人称代名詞」を主語にしない

You are neccsary to learn Japanese.」は誤り

 

 

⑵逆に「主語となる人の感情を表す形容詞」
《It is ~for/of A to動詞》構文に使うのも誤りとなるので暗記しておく。 

 

※主語となる人の感情を表す形容詞

angry【怒った】
ashamed【恥じて】
delighted【喜んで】
disappointed【失望した】
excited【興奮した】
glad【喜んで】
happy【楽しい】
pleased【喜んで】
proud【誇りとして】
sorry【気の毒な】
surprised【驚いた】
thankful【有難い】/ 等   

 

〇) We are happy that  you are here.
【あなたがここに居て嬉しい】
✖) It is happy for us that you are here.

 

〇) I am glad to see you.
【お目にかかれて光栄です】
✖) It is glad for me to see you.

《Brake !》勉強法で悩んでませんか?

本章の考え方は下記文献を参考。
英文法を辞書的に調べられる良書。詳細内容は下記リンクからご確認。


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、読者登録をお願いします。