英語やり直し‼ 学Blog

英語学習のやり直しに、間違えやすい事項を①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外事項、等で単刀直入に説明。 知っていると役立つ知識を解説します。尚、このブログはモバイル版よりPC版での学習をお薦めします。

《not/noを含む》否定の慣用表現 例文一覧

 

 

 否定の慣用表現の中には「二重否定で肯定の内容」になるものがある。例えば《He never meets without quarreling with her.【彼は彼女と顔を合わせればいつも口げんかをする】》。この様な否定の慣用表現で独特な和訳を知りたい方はご参照。

否定表現②

目次

1. 結論

⑴否定の慣用表現は、如何に自然な日本語に訳せるかがポイント

①熟語の形、②独特の和訳、をグーグル先生で例文を暗記することをお薦め。
⑶余裕があれば、同義となる書換え表現を覚えることも推奨。

2.  否定の慣用表現

※ 下記の熟語の形と和訳をひたすら暗記する。

『no longer~』
【もはや~でない】

①Space travel  is no longer a dream in this centry.
【今世紀の宇宙旅行はもう夢ではない】
👉 Space travel is not a dream any longer in this centry.と同義

②We're [We are] no longer friends.
【私たちは、もう友達ではない】 

 

『There is no ~ing』
【~する事はできない】

There is no telling when the history of this country ended.
【国の歴史が何時終ったか説明不能だ】
👉 We cannot tell when the history of this country ended.と同義

There is no expecting what will happen next.
【次に何が起こるか全く予測できない】 

 

『There is nothing like ~』
【~に匹敵するものは何もない】

There is nothing like home.
【我家に勝るものなし】

There is nothing like him, there was nothing like him,and there shall be nothing like him.
過去現在未来にも彼の代用は居ない】 

 

『lose no time (in) ~ing』
【直ぐに~する】

①The policeman lost no time (in) leaving the town.
【その警官は直ぐに街を離れた】

②The new leader lost no time (in) taking innovative strategies.
【新しい指導者は時を移さず革新的な戦略を取った】

 

『have nothing to do with~』
【~と関係ない】

①This failure has nothing to do with me.
【この失敗は私と関係ない】

②He had nothing to do with the disappearance of the car.
【彼は、車がなくなったこととは無関係だった】

 

『cannot  too ~』
【どんなに~してもし過ぎる事はない】

①I cannot be too carefull in drive a car.
【私は車を運転する際は、どんなに注意してもし過ぎる事はない】

②We cannot be too prepared for natural disasters.
【自然災害にいくら準備してもしすぎることはない】


『not ~ till / until…』
【…するまで~しない】

①He did not watch TV till he finished his homeworks.
【彼は自分の宿題が済むまでテレビを見なかった】

②She did not know the fact until she was twelve.
【彼女は12歳になるまでずっとその事実を知らなかった】

 

『It will not be long before~』
【もうすぐ~する】

It will not be long before space trave comes true.
【もうすぐ宇宙旅行が実現する】
👉 《before~》は時を表す副詞節なので副詞節中の動詞は現在形とする

It will not be long before I finish my work.
【まもなく私の仕事も終わるだろう】

 

『no sooner A than B』
【Aすると直ぐにB】

①My mother had no sooner come back than it began to snow.
【母親が戻ると直ぐに雪が降り始めた】

②She had no sooner arrived than she fell sick.
No sooner had she arrived than she fell sick.
【彼女は到着後直ぐ気分が悪くなった】

👉 No sooner had she」倒置表現になっている事に注意

 

※ 二重否定:否定の語句が2つ重なって肯定の意味になる

『never … without ~ing] 』
【~せずに…しない ➡~すれば必ず…

①My son never does anything without consulting his mother.
【うちの息子は自分の母親に相談せずには何事もしない】
👉 Whenever my son does something, he counsults his mother.と同義
【息子が何かをする時はいつでも、自分の母親に相談している】

②He never meets without quarreling with her.
【彼は彼女と顔を合わせればいつも口げんかをする】

 

『never … but~ 』
【~せずに…しない ➡…すればいつも~

① I never see you but I want to kiss you.
【あなたに会えばいつもキスしたい】
👉 Whenever I see you, I want to kiss you.と同義

② She never goes out but she buys sweets.
【彼女は出かけると必ずお菓子を買う】

 

『nothing but~』
【~に過ぎない ➡ 単なる~

①There is nothing but sand around me when I stood on the hill.
【私がその丘に立った時、周囲は砂しか無かった】
👉 There is only sand around me when I stood on the hill.と同義

②He brings nothing but trouble.
【彼は単なるトラブルメーカーだ】  

関連記事 

下記の様な《not / no》を含まない否定の慣用表現も和訳が難しいので確認をお薦め。
『anything but ~』【決して~でない】
『far from ~  [~ing] 』【~どころか / ~するどころではない】
『fail to ~』【~できない / ~し損なう】

https://howto-komarigoto.work/entry/negative_expressions_without_no_012#gsc.tab=0

《Hava a brake !》
英語勉強法で悩んでいる方へ

本章の考え方は下記の文献を参考。
英文法を辞書的に調べられる良書。詳細内容は下記リンクからご確認。


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、読者登録をお願いします。