英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

if節を省略した仮定法の違い(No 010) ⊿3

仮定法if節の省略
   「if」が無い仮定法は勉強する価値がある。その理由は現実の英文では仮定法は『ifを使わない場合が多い』からだ。ではifが無い時に仮定法か否かをあなたはどの様に判断しますか?その対応を纏めたので活用ください。

 

1.結論  

①先ず、If が無い時に起こるケースを抑えましょう! [下記⑴~⑸参照]

②尚、①のケースで助動詞の過去形《would》等がある事が重要。

③つまり、ifが無くても助動詞の過去形で仮定法の意味を持たせている。⊿3  

 

 ⑴《Were / had / should 》を主語の前に出し倒置表現になる

If you had come back one hour earlier, you would meet a lot of your friends.

= Had you come back one hour earlier, you would meet a lot of your friends.
【あなたはあと1時間早く戻っていれば、多くの友人に会う事ができたのに】

👉《if》を省略し『had』を主語の前に出す 

👉否定文になると[not]の位置に注意

〇 Had you come not back one hour earlierであって、
✖ Hadn't you come back one hour earlier.ではない

 

If anything should happen to you, call me.

= Should anything happen to you, call me.
【何かあったら私に電話しなさい】

👉《if》を省略し『should』を主語の前に出す

 

if 節の代用となる語句が使われる

不定詞が来るケース

To hear her talk, you would think she knew everything.
【彼女の話を聞くと、あなたは彼女はすべてを知っている様に思えるだろう】

If you  heard her talk ~が不定詞になっている

 

分詞構文が来るケース

My son, living now, would be a famous doctor.
【息子が今生きていたら、有名な医者になっているだろう】

If my son were living now ~が分詞構文になっている 

 

副詞(句)が来るケース

With a little more care, you wouldn't say yes.
【もう少し注意していたら、あなたはyesとは言わないだろう】 

I would never have done such a stupid thing two days ago.
【2日前だったら決してそんな愚行をしなかっただろう】

 

主語の名詞が来るケース

A man of common sense wouldn't do such a stupid thing.
【常識のある人なら、そんな愚行はしないだろう】

 

 ⑶【仮に / 万一~でも】の意で下記の語句が使われる

suppose [ supposing ](that) ~ /

providing [ provided ](that) ~ /

as [ so ] long as ~ /

in case ~ / unless~ 、等 

 

Suppose [supposing](that) I had much money, what would I do ?
【もし私に多くの金があれば、何をしようか?】 

I will agree with you providing [provided](that) the condition would be OK.
【その条件がOKなら、私はあなたに同意します】 

In case you wouldn't come back, everyone will be disappointed.
【万一あなたが戻らなけらば、皆が悲しむだろう】

 

⑷主節にある助動詞の過去形が仮定の意味を表現する。

I could kill you for doing such a stupid thing to me.
【私にそんな愚行をするなんて、殺してやりたいくらいだ】 

John Lennon, the great musician, would have made good songs for the people.
【偉大な音楽家だったジョンレノンは、人々に名曲を作っていただろうに】

 
関連記事

仮定法の《as if》等の慣用句表現はこちらをご参照https://howto-komarigoto.work/entry/33_subjunctive_idiomatic_expression#gsc.tab=0 

 

助動詞の過去形が仮定法を表すは「後悔の気持ちの表現」を参照。  

 

◎失敗しない英語勉強法を知っていますか? 

 英語を勉強する努力を無駄にしたくない。それなら「英語資格の問題を解く」勉強がお薦めです。理由は、①資格問題を解くことがアウトプットの訓練になる。②勉強の成果が資格取得に結びつき、資格はあなたの能力の証明となる。資格のメリットを下記リンクで詳述しているので、気になる方は参照ください。 


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。