英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

受動態の作り方とbyを取らない表現(No 16)⊿4

受動態の作り方

 中学英語で躓いてしまう1つが受動態だ。その理由は①動詞の過去分詞、②代名詞の目的格の語形変化、を知らなければ文法的に正解となる文章が書けないからだ。覚える事が一気に増えるが、英語やり直しの必要事項を載せたので活用ください。 

 

1.結論

⑴「byを取らない」受動態は、①「by以外の前置詞」を使う表現、②「by+行為者」が明確な場合に省略されるケース、の2通りがある。①は熟語として前置詞を含めて暗記することをお薦めします。

 

⑵受動態の形を体感で覚えることを推奨します。下記のお薦め勉強法を参考にしてください。

 

2.受動態の作り方

⑴受動態は、

①能動文の主語と目的語の関係を逆にして「受け身(~される)」の表現にしたもの

②元の平叙文に目的語がある場合にのみ成立する。
⇒故に、第1文型(S+V)と第2文型(S+V+C)は受動態が成立しない

I call him Taro.(能動態)
【私は彼をタローと呼びます】

 ⇒ He is called Taro by me(受動態)
【彼は(私によって)タローと呼ばれる
👉《(私によって)は和訳では普通省略する》

 

⑵受動態にする順序

主語「I」と目的語「him」を入れ替える

②動詞は、be動詞+動詞の過去分詞にする

③主語「I」は目的格の「me」にして「by」(~によって)を付ける

👉前後関係が明確な時の「by+代名詞」は普通省略されるが、テストでは書いておいた方が無難。

 

3.受動態の例文・使い方

現在形:主語+ be動詞+過去分詞 ~ by +「目的格」
 He is called Taro by me.
【彼は(私に)タローと呼ばれます】

 

否定形:主語+ be動詞+not+過去分詞 ~ by +「目的格」
 He is not called Taro by me.
【彼は(私に)タローと呼ばれません】

 

疑問形be動詞+主語+動詞の過去分詞 ~ by +「目的格」+「?」
  Is he called Taro by me ?
【彼は(私に)タローと呼ばれますか?】

過去形:He was called Taro by me.
【彼は(私に)タローと呼ばれました】

 

未来形:He will be called Taro by me.
【彼は(私に)タローと呼ばれるでしょう】  

 

4.byを取らない表現 

⑴be known to~【~に知られている】

Ichiro is known to Japanese baseball funs.
【イチローは日本の野球ファンに知られています】

 ✖ Ichiro is known by Japanese baseball funs.ではない。

 

⑵be surprised at~【~に驚いて】

They are suprised at the news.
【彼らはその知らせに驚いている

 

⑶be disappointed in~【~に失望して】

He was disappointed in his mistake.
【彼は自分のミスに失望した

 

⑷be satisfied with~【~に満足して】

She was satisfied with her beauty.
【彼女は自分の美しさに満足した

 

5.「by + 行為者」が省略される場合

①一般の人々が主語となる場合のケース
Japanese is spoken in Okinawa.
⇒[by the people lived there.]は省略
【沖縄では、日本語が話されている】

 

②前後関係から行為者が分かる場合は言及しないケース
The newspaper is delivered every day.
 ⇒[新聞配達人が配るのは明確なので]省略
 【新聞紙は毎日配達される】

 

③行為者が不明の場合のケース
The lake is discovered in 1900.
⇒[by whoが分からない]ので省略
 【その湖は1900年に発見された】

 

6.注意/暗記するポイント

(1)不規則動詞の語形変化を数多く覚えよう!
「受動態」や「過去完了」では、動詞の過去分詞を覚える必要あり。そのため不規則動詞は、「原形-過去形-過去分詞」の3つを1セットで覚えるべし。

A【現在形、過去形、過去分詞が全部同じ

cut-cut-cut(切る)
hit - hit - hit (打つ)
put - put - put(置く)
read - read - read(読む)
⇒[read]は発音が過去と過去分詞で違う事に要注意!

 

B【現在形、過去形、過去分詞が全部違う

be(am/is) - was - been(~でいる/ある)
be(are) - were - been(~でいる/ある)
begin - began - begun(始まる)
break - broke - broken(壊す)
do - did - done(する)
draw - drew- drawn(描く)
drink - drank - drunk(飲む)
drive - drove - driven(運転する)
eat - ate - eaten(食べる)
fall - fell - fallen(落とす)
fly - flew - flown(飛ぶ)
forget -forgot - forgotten(忘れる)
give - gave - given(与える)
go - went - gone(行く)
grow - grew - grown(育つ)
know - knew - known(知る)
lie - lay - lian(横たわる)
ride - rode - ridden(乗る)
rise - rose - risen(上げる)
see - saw - seen(見る)
show - showed - shown(見せる)
【showの語形変化は特に要注意
 
⇒過去分詞もshowedだと間違えて覚えない様に注意】
sing - sang - sung(歌う)
speak - spoke - spoken(話す)
swim - swam - swum(泳ぐ)
take - took -taken(取る)
throw - threw - thrown(投げる)
write - wrote - written(書く)

 

C【過去形と過去分詞が同じ

 buy-bought-bought(買う)、他

 

D【現在形と過去完了が同じ

 come- came- come(来る)、他

 

(2)人称代名詞の目的格を暗記する。

a) I (主格)ー my(所有格)ーme(目的格)
b) you(主格)ー your(所有格)ーyou(目的格)                                           
c) we(主格)ー our(所有格)ーus(目的格)
d) he(主格)ー his(所有格)ーhim(目的格)
e) she(主格)ー her(所有格)ーher(目的格)
f) it(主格)ー its(所有格)ーit(目的格)
g) they(主格)ー their(所有格)ーthem(目的格)  

 

 

お薦め勉強法⊿4
下記に私が実践した勉強法とその効用を説明しているので参照ください。  

[byを取らない]受動態の表現を練習する事をお薦め。

①"Japanese is spoken in Okinawa."
⇒" Japanese is not spoken in Okinawa."
⇒"Is Japanese spoken in Okinawa ?"
⇒" Yes, it is. ⇒ No, it isn't." 

②"The newspaper is sold at that Kiosuku."
⇒" The newspaper is not sold at that Kiosuku."
⇒" Is the newspaper sold at that Kiosuku ?"
⇒ "Yes, it is. ⇒ No, it isn't." 

③"The lake is discovered in 1900."
⇒ "The lake is not discovered in 1900."
⇒" Is the lake discovered in 1900 ? "
⇒ "Yes, it is. ⇒ No, it isn't." 

④"Ichiro is known to Japanese baseball funs."
⇒ "Ichiro is not known to Japanese baseball funs."
⇒" Is Ichiro known to Japanese baseball funs ?"
⇒" Yes, he is. ⇒ No, he isn't." 

⑤"They are suprised at the news."
⇒" They are not suprised at the news."
⇒ "Are they suprised at the news ?"
 ⇒" Yes, they are. ⇒ No, they aren't." 

⑥"He was disappointed in his mistake."
⇒" He was not disappointed in his mistake."
⇒"Was he disappointed in his mistake ? "
⇒ "Yes, he was. ⇒ No, he wasn't." 

⑦"She was satisfied with her beauty."
⇒ "She was not satisfied with her beauty."
⇒"Was she satisfied with her beauty ?  "
⇒" Yes, she was. ⇒ No, she wasn't." 

 

関連記事

慣用表現の受動態は更に難しくなるが、大丈夫ですか? 
https://howto-komarigoto.work/entry/29_passive_idiomatic_expression#gsc.tab=0 

 更に間違えやすい受動態はこちらをご参照。 

 

◎失敗しない英語勉強法を知っていますか? 

 英語を勉強する努力を無駄にしたくない。それなら「英語資格の問題を解く」勉強がお薦めです。理由は、①資格問題を解くことがアウトプットの訓練になる。②勉強の成果が資格取得に結びつき、資格はあなたの能力の証明となる。資格のメリットを下記リンクで詳述しているので、気になる方は参照ください。 


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。