英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

失敗しない英語勉強法《英語資格の勉強で実力判断》(No 03)

英語を勉強する努力を無駄にしたくない。それなら「英語資格の問題を解く」勉強がお薦めです。理由は、①資格問題を解くことがアウトプットの訓練になる。②勉強の成果が資格取得に結びつき、資格はあなたの能力の証明となる。

It is ~ for/of A to Vと It is ~thatの違い(No 001) ⊿1

《It is ~that…》構文と《It is ~for A to動詞》構文の違いを理解できていますか?例えば「~は難しい」と言う意味で《It is difficult that ~》を使っていませんか?この使い方は誤りである事例をまとめました。役立つ知識なので活用ください。

従属節中の《should》の省略(No 004) ⊿2

米語と英語の違いに時々戸惑うことが起きる。例えば、米語では従属節中の「should」を省略するので動詞の原形が出現し、主節と従属節の時制が一致しない表現が見られる時があります。この様な事象を起こすケースを纏めたので活用ください。

《等位/従位》接続詞が動詞に影響する表現(No 006)⊿4

接続詞には意外と盲点になる事がある。《not only A but (also) B「AだけでなくBも~」動詞はBに一致させる》と《A as well as B「BだけでなくAも~」動詞はAに一致させる》は動詞の使い方が異なるのだ。

動名詞の慣用表現《to不定詞と混同する表現に注意》(No 007)⊿4

不定詞と動名詞の違いは分かり難い。例えば「不定詞でtoの後は動詞の原形」と習うが、《look forward to ~ing》【~を楽しみにしている】は “toの後は ~ing”と教わる。どっちやねん!と思ったものだ。

直接話法から間接話法への書換え(No 003) ⊿5

直接話法から間接話法に文転換する際に留意する点は『使う動詞や接続詞が決まっている』と言うことです。これを守らないと正解の英文にならない。今回はこの様な文法ルールを纏めたので活用ください。

否定の慣用表現②(否定語を含む)(No 011)⊿4

《not / no》を含む否定の慣用表現は《not / no》を含むので否定文だろうと見当は付くが和訳してみると難しい。また、二重否定の表現で肯定文になるケースもある。今回はこの様な表現を纏めたので活用ください。