【例文解説】失敗しない英語やり直し勉強法

英語の学習単元を、①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外事項、の項目で簡潔に説明。英語の間違えやすい処を一緒に勉強して行きましょう。尚、このブログがお役に立ちましたら読者登録をお願します。

社会人向け 失敗しない英語勉強法(No 03)

英語勉強の苦労を無駄にしたくない。 それなら「英語資格の問題を解く」勉強法をお薦めしたい。理由は3つのメリットにあり。私の社会人経験から、仕事を通じて英語にどう関わるべきかを記載した。関わり方次第で、自分の人生を変えられる事を知ってほしい。

〈It is ~ for / of A to V〉と《It is ~ that… 》構文の違い(No 001)

〈It is ~that…〉と《It is ~for/of A to動詞》構文を使い分けるのは難しい。 例えば【It is dangerous that you swim across the river (あなたがその川を泳いで渡るのは危険だ】は正しいか? 答えはNo。何故だか知りたい方はご参照。

《should》を省略する表現(No 004)

米語と英語の違いに時々戸惑うことがある。例えば〈 It is natural that the earth go around the sun.〉や《 He insisted that my offer be rejected.》は正しいか?答えはYes。理由は《should》の省略にある。気になる方は【下記2】ご参照。

《等位/従位》接続詞と動詞の一致 (No 006)

接続詞と動詞の関係は意外と難しい。例えば《I have not come here , nor I will ever come.【ここには来た事もなければ、来たいとも思わない】》と言う英文は正しいか? 答えはNo。何故だか気になる方はご参照。

動名詞の慣用表現《to ~ingに注意》(No 007)

①不定詞のtoと②前置詞のtoの見極めをあなたはできるか? 例えば《He is used to walk alone at night. 【彼は夜中に一人で散歩するのに慣れている】》は正しいか?答えはNo。その理由が気になる方はご参照。

直接話法と間接話法の間違え易い事項(No 003)

間接話法の文転換には落とし穴がある。例えば《He told that the earth went around the sun.【彼は、地球は太陽の周りを回っていると言った】》は正解か? 答えはNo。何故だか気になる方は【2-⑴-②】ご参照。

《not/noを含む》否定の慣用表現 (No 011)

《not / no》を含む否定の慣用表現は意外と難しい。例えば《It will not be long before space trave come true.【もうすぐ宇宙旅行が実現する】》は正しいか?答えはNo。何故だか気になる方は【2-⑽-①】ご参照。

《not/noを含まない》否定の慣用表現 (No 012)

《not / no》を含まない否定の表現は難しい。例えば《know better than to~【~するほど愚かではない】》をあなたは和訳できるか?この様な知らなければ訳せない表現を纏めたので、気になる方はご参照。

複合主語と動詞の一致(No 005)

主語に係る修飾語で動詞が単数か複数を誤ってしまう時がある。例えば《Not only you but also I are angry.【あなただけでなく私も怒っている】》は正しいか?答えはNo。「あなたと私で複数形〈are〉」は短絡的。理由を知りたい方はご参照。

使い方が異なる動詞(No 008)

英語の動詞は使い方が難し。例えば 《May I borrow your toilet?【トイレを貸してもらえますか】》は正解か? 答えはNo。何故だか知りたい方は【2-⑴】をご参照。