英文法を独学でやり直す勉強法

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

《 It is ~ that… 》と〈It is ~ for / of A to V〉構文の違い(No 001) ⊿3

〈It is ~that…〉と《It is ~for/of A to動詞》構文を使い分けるのは難しい。 例えば【It is difficult that you can swim across the river(その川を泳いで渡るのは難しい)】は文法的に誤りだ。何故だかあなたが説明できないならご参照ください。

従属節中の《should》の省略(No 004) ⊿3

米語と英語の違いに時々戸惑うことがある。例えば〈 It is natural that the earth go around the sun.〉や《 He insisted that my offer be rejected.》と言う英文は間違っていると思いますか?なぜ、従属節の動詞が原形なのか?解らないならご参照ください…

《等位/従位》接続詞が動詞に影響する表現 (No 006)⊿5

接続詞と動詞の関係は意外と難しい。例えば《He as well as you were absent from the meeting.【あなただけでなく彼も会議に出席した】》と言う英文は正しいでしょうか?もしこの様な接続詞と動詞の関係が解らないなら、ご参照ください。

動名詞の慣用表現《to不定詞との混同に要注意》(No 007)⊿4

中学英語で「不定詞はtoの後は動詞の原形」と習うが、《look forward to ~ing》では 「toの後は ~ing」と教わる。どっちやねん!と思ったものだ。このポイントは①不定詞のto、②前置詞のto、の見極めができるか否かだ。

直接話法と間接話法の間違えやすい事項(No 003) ⊿5

直接話法から間接話法の文転換には間違えやすいことが数点ある。それを知らないと正しい英文が書けない。今回は文転換のルールと注意点を記載した。知らないと間違えてしまうお得な知識だ。

否定の慣用表現② (No 011)⊿5

《not / no》を含む否定の慣用表現は、否定文だろうと見当は付くが和訳してみると難しい。また、二重否定で「肯定の意味」になるケースもある。今回はこの様な表現を纏めたので活用ください。

《否定語を含まない》否定の慣用表現① (No 012)⊿5

《not / no》を含まないが「~ない」と言う否定の意味になる英語表現は難しい。理由は直訳すると変な日本語になってしまうからだ。この対応は「not/noを含まない熟語の形」と「独特の訳」を暗記すると良い。

複合主語と動詞の一致《不定代名詞を含む》(No 005)⊿5

名詞に係る修飾語で動詞が単数か複数を誤ってしまう時がある。例えば〈a number of ~〉の動詞は複数形、《the number of ~》の動詞は単数形というケースだ。これは知らないと間違えてしまうので知っておく価値がある。