英語やり直し勉強法【資格取得応援ブログ】

⑴英語のやり直しに、間違えやすい事項を①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外事項、等で単刀直入に説明。 ⑵英語資格を取得すると人生に役立つメリットがある事も解説します。

英語の勉強は何が効果的か?

英語を勉強しても役立つのか悩んでいませんか?それなら「英語資格の問題を解く」勉強法がお薦め。理由は3つのメリットにあり。私の社会人経験から、仕事を通じて英語にどう関わるべきかを記載。あなたの努力で、自分の人生を変えられる事を知って頂きたい。

〈It is ~ for / of A to V〉と《It is ~ that… 》構文の違い(No 001)

〈It is ~that…〉と《It is ~for/of 人 to不定詞》構文を使い分けるのは難しい。 例えば《It is dangerous that you swim across the river 【あなたがその川を泳いで渡るのは危険だ】》は正しいか? 答えはNo。何故だか知りたい方は【3-⑴-①】ご参照。

《should》を省略する仮定法現在(No 004)

米語と英語の違いに時々戸惑うことがある。例えば〈 It is natural that the earth go around the sun.〉や《 He insisted that my offer be rejected.》は正しいか?答えはYes。理由は《should》の省略にある。気になる方は【下記2】ご参照。

《等位/従位》接続詞の間違えやすい事項 (No 006)

接続詞の使い方を間違えてしまう時がある。例えば《She offered that she would drive me to the school.【彼女は私に学校まで車で送ってくれると言ってくれた】》と言う英文は正しいか? 答えはNo。何故だか気になる方は【3-⑴】ご参照。

動名詞の慣用表現《to ~ingに注意》(No 007)

①不定詞のtoと②前置詞のtoの見極めをあなたはできていますか? 例えば《 I'm looking forward to see you next week.【来週会えるのを楽しみにしています】 》は正しいか?答えはNo。その理由が気になる方は【2-⑶】ご参照。

直接話法と間接話法の間違え易い事項(No 003)

間接話法の文転換には落とし穴がある。例えば《He told that the earth went around the sun.【彼は、地球は太陽の周りを回っていると言った】》は正解か? 答えはNo。何故だか気になる方は【2-⑴-②】ご参照。

《not/noを含む》否定の慣用表現 (No 011)

否定の慣用表現の中には「二重否定で肯定の内容」になるものがある。例えば《He never meets without quarreling with her.【彼は彼女と顔を合わせればいつも口げんかをする】》だ。この様な否定の慣用表現で独特な和訳を知りたい方はご参照。

《not/noを含まない》否定の慣用表現 (No 012)

《not / no》がないのに否定を意味する慣用表現は和訳するのが難しい。例えば《His idea is beyond my understanding.【彼の考えは私の理解の領域を超えている】》ではなく、「私には理解できない」とすると良い。この様な表現を知りたい方はご参照。

複合主語 / 不定代名詞と動詞の一致(No 005)

主語に係る修飾語で動詞が単数か複数を誤ってしまう時がある。例えば《Not only you but also I are angry.【あなただけでなく私も怒っている】》は正しいか?答えはNo。「あなたと私で複数形〈are〉」ではない。同様の表現を知りたい方はご参照。

同じ意味で使い方が異なる動詞(No 008)

英語の動詞は使い方が難しい。例えば 《May I borrow your toilet?【トイレを貸してもらえますか】》は正解か? 答えはNo。ポイントは借りたモノが持ち運びできるか否かだ。正しい使い方を知りたい方は【2-⑴】をご参照。

《that》を関係代名詞で使わない表現(No 014)

関係代名詞の「that」は【who/whom/which】の代わりに使えて便利そうだ。そこで《This is the baby that needs medical examination.【これは健康診断を受ける必要がある赤ん坊だ】》に使ってみた。が、これは誤りだ。その理由を知りたい方はご参照。