英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

同義でも使い方が異なる動詞(No 008)⊿4

同義で使い方が異なる動詞

 《borrowとuse》は「移動の可否」によって使い方が異なる事を知っていますか?知らないで外国人に《May I borrow your toilet?》と言ってしまったら『教養面での抵抗感』を抱かれ兼ねない。この様な使い方が異なる動詞をまとめたので活用ください。 

 

1.結論

同義で使い方が異なる動詞は、見つけた時にメモにして記録しておく。この際に、動詞だけでなく目的語を含めて例文で抑えておくことを推奨します。 

 

2.日本語とニュアンスの異なる動詞

⑴【借りる】移動できるか否かによって使い分ける

①borrow:「(持ち運びできるものを)借りる
Please borrow your cellular phone.
【あなたの携帯電話を貸してください】

②use:「(持ち運びできないものを)借りる
Please use your toillet.【どうかトイレを貸してください】

 

⑵【貸す/借りる】料金の有無によって使い分ける⊿4

①rent:[有料で]貸す/借りる」
I rented him the room.【私は彼に有料で部屋を貸した】

②lend:[無料で]貸す/借りる」
My friend lent me the room.【友人が私に無償で部屋を貸してくれた】

 

(3)【忘れる】置き忘れた場所を示す語句の有無によって使い分ける

①forget:(持ってくるのを)忘れる
I forgot my wallet.【財布を忘れた】

②leave:(~に…を)忘れる」
He left his umbrella in his office.
【彼は傘を事務所に置き忘れた】

 

(4)【教える】教え方の違いによって語句を使い分ける

①tell:(口頭で)教える
He told me how to reach the station.
【彼は私に駅への行き方を(口で言って教えてくれた】 

②show:(地図を書いたり、道案内して)教える」
He showed me how to reach the station.
【彼は私に駅への行き方を(地図を書いて)教えてくれた】 

③teach:(知識や技能を)教える」
👉上記のtellやshowの様な使い方は不可

 

⑸【書く/描く】書き方の違いによって語句を使い分ける

①write:(文字を)書く
Please write your name on this sheet.
【あなたの氏名をこの紙に書いてください】 

②draw:(線、絵、図を)描く」
He drew a circle on the wall.
【彼は壁に円を描いた】 

③paint:(絵具等で絵や図を)描く」
She painted a beautiful rainbowma on the canvas.
【彼は美しい虹を(絵具で)キャンバスに描いた】 

 

⑹【飲む/食べる】食べ方の違いによって語句を使い分ける⊿4

①drink:(カップや瓶から直接)飲む
He drank a lot of beer.
【彼は(瓶から直接)大量のビールを飲んだ】 

②eat:(スプーン等を使って)飲む」
She ate soup at dinner.
【彼女は夕食にスープを飲んだ】 

 

3.目的語の順序に注意すべき動詞

(1)【盗む】

①steal B from A(AからBを)盗む
The gang stealed a lot of money from the bank
【窃盗団が銀行から多額の金を盗んだ】

②rob A of B(AからBを)盗む
The gang robbed the bank of a lot of money
【窃盗団が銀行から多額の金を盗んだ】

 

⑵【置き換える】⊿4

①replace A by B(Aを)Bに換える】
You must replace apple by orenge.
【林檎をオレンジに換える必要がある】

②substitute A for B(Bの代わりに)Aを代用する】
You must substitute orenge for apple.
【林檎の代わりにオレンジを使う必要がある 】

 

4.動作or状態で使い分ける動詞

⑴【聴く/聞こえる】⊿4

①listen to:「(意識して)聴く(動作)
Everyone was listening to the music.
【誰もが音楽に聴き入っていた】

②hear:「(受動的に)耳に入る(状態)
Do you hear what I say?【私の言う事が聞こえますか】

 

⑵【身に着ける/身に着けている】⊿4

①put on:「身に着ける」(動作)
I put on a white jacket to go to the party.
【私はパーティーに行くために白い上着を着た】

②wear:「身に着けている」(状態)
I wore a whihe jacket at the party.【私はパーティーで白い上着を着ていた】 

 

関連記事

前置詞を間違えてしまう自他動詞も間違えやすいところです。
https://howto-komarigoto.work/entry/intransitive_transitive_verb_013#gsc.tab=0

 

◎失敗しない英語勉強法を知っていますか? 

 英語を勉強する努力を無駄にしたくない。それなら「英語資格の問題を解く」勉強がお薦めです。理由は、①資格問題を解くことがアウトプットの訓練になる。②勉強の成果が資格取得に結びつき、資格はあなたの能力の証明となる。資格のメリットを下記リンクで詳述しているので、気になる方は参照ください。 


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。