英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

助動詞の推量・後悔の気持ちの表現 (No 22)⊿3

助動詞の推量

「過去の気持ち」の表現とは、例えば「あの時もっと英語を勉強しておけば良かった。(でも今となっては勉強してなかった。残念…)」という後悔の念のことだ。この様な表現を纏めたので活用ください。

 

1.結論

⑴下記2(4)~(6)の後悔の気持ちは「~すべきでだったのに(~していない)」と言う様に、現状では反対のことが起って後悔しているニュアンスを示唆する表現であることに要注意。このニュアンスの違いを覚えることが重要。

 

⑵if節がなく、主節に《過去形の助動詞+have+PP》の表現があれば仮定法の可能性がある。この単元は仮定法にも繋がるので要確認。⊿3

 

2.助動詞+have+PP 表現の一覧

f:id:tyugaku-eigo:20200923102446j:plain

 

3.《推量・後悔の気持ちの表現》例文・使い方

(1) 断定的推量

 She must have said so.
【彼女はそう言ったに違いない
確信があると言うニュアンスで使う

 

(2) 推量
 She may have said so.
【彼女はそう言ったかもしれない
半信半疑と言うニュアンスで使う

 

(3) 否定の推量
 She can not have said so.
【彼女はそう言った筈はない
絶対あり得ないと言うニュアンスで使う

 

(4) 過去の後悔
 She should have said so.
【彼女はそう言うべきだったのに(言わなかった)

 

(5) 過去の否定の後悔
 She should not have said so.
 【彼女はそう言うべきではなかったのに(言ってしまった)

 

(6) 過去の不要の後悔
 She need not have said so.
【彼女はそう言う必要はなかったのに(言ってしまった)】  

 

関連記事
if節がなく主節が《過去形の助動詞+have+PP》になる仮定法は下記リンクをご参照。 

 助動詞の慣用句表現についてはこちらをご参照。https://howto-komarigoto.work/entry/23_auxiliary_verb_idiomatic_expression#gsc.tab=0