英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

助動詞の慣用表現と例文・使い方 (No 23)⊿4

助動詞の慣用表現

 助動詞の慣用表現は一纏まりで意味を成すので、否定文で「not」を入れる位置に要注意だ。この様な表現を纏めたので活用ください。

 

1.結論 

⑴助動詞の慣用表現は熟語として暗記すべき。


⑵否定文にする際の「not」を入れる位置に要注意。(詳細は下記3をご参照)
➡《ought to》のみ例外となる⊿4 

 

2.基本事項と慣用表現

主な慣用表句の意味は、下記のとおり

(1)had better + 動詞の原形【~した方が良い】

You had better go home from now.
【今から帰宅した方が良い】

You had better not go home from now.
【今から帰宅しない方が良い】

 ⇒否定の意味にするには、betterの後に「not」を付ける

 

(2)used to + 動詞の原形【~したものだ】

used to play in this park.
【この公園で良く遊んだものだ】

 

(3)cannot + 動詞の原形 + too + 形容詞
【いくら~しても~しすぎる事はない】

You cannot be too careful about your behavior.
 【あなたは自分の行動に注意してもしすぎる事はない】

 

(4)may well + 動詞の原形
【恐らく~だろう/~するのも当然である】

You may well take action for yourself.
 【あなたが自分のために行動するのも当然である】

 

(5)may as well + 動詞の原形【~した方が良い】

You may as well go home.
【あなたは帰宅した方が良い】

 

(6)might as well  A as B【BするのはAする様なものだ】
👉
AとBの順番を間違えない様に要注意

You might as well throw your money away as lend it to him.
 【あなたが彼にお金を貸すのは金を捨てる様なものだ】

 

(7)ought to + 動詞の原形【~すべきである】

You ought to do your best
【あなたはベストを尽くすべきである】

 

(8)would rather A than B【BするならAする方が良い

I would rather be dead than stay alive in this country.
 【この国で生きるなら死んだ方ががましだ】

 

3.「not」を入れる位置の注意点

慣用句は一纏まりで意味を成すので「not」を途中に入れない

〇You had better not go home.
You had not better go home.ではない。 

〇You may well not go home. 
You may not well go home.ではない。 

➡但し、ought to は 《ought not to》 になるので要注意

〇You ought not to go home. 
You ought to not go home.ではない。

 

関連記事

過去形の助動詞+完了形=推量・後悔の気持ちの表現はこちらをご参照。https://howto-komarigoto.work/entry/22_auxiliary_verb_regret#gsc.tab=0

 

◎失敗しない英語勉強法を知っていますか? 

 英語を勉強する努力を無駄にしたくない。それなら「英語資格の問題を解く」勉強がお薦めです。理由は、①資格問題を解くことがアウトプットの訓練になる。②勉強の成果が資格取得に結びつき、資格はあなたの能力の証明となる。資格のメリットを下記リンクで詳述しているので、気になる方は参照ください。 


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。