英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

関係副詞のツボ《関係代名詞に書換え》(No 31)⊿4

関係副詞の説明写真

 whereやwhyを関係副詞だと理解できても、①どの場合に使えばよいか?②関係代名詞に書き換える方法を知っていますか?そのツボを纏めたので、理解が今一だった方は参照ください。

  

1.結論

①先行詞が、(1)場所、(2)時、(3)理由、(4)方法、の場合に、関係副詞を用いる。


②関係代名詞に書き換える場合は、《前置詞+関係代名詞+S+V》の形にする。

 (1)場所:where を使う。

Tokyo is the city where I was born【東京は私が生まれた都市です】

《先行詞+ in [at / to] which 書換》    
Tokyo is the city. +  I was born in the city が一文になって
= Tokyo is the city in which I was born.

 

(2)時: when を使う。

Today is the day when I was born.【今日は私が生まれた日です】

《先行詞+ on [at /in ] which 書換    
Today is the day +  I was born on the day が一文になって
= Today is the day on which I was born.

 

(3)理由 :why を使う。

 This is (the reason) why I like Japan.【これが私が日本の事を好きな理由です】
👉普通 (the reason)は省略される

《先行詞+ for which書換
This is the reason + I like Japan for the reason が一文になって
= This is the reason for which I like Japan.

 

(4)方法 : how を使う。

 This is how he solved the problem.【これが彼が問題を解決した方法です】
👉この場合、先行詞(the way)が不要である事に要注意

the way in which に書換
This is the way + he solved the problem in the wayが一文になって
= This is the way in which he solved the problem.

 

 

2.先行詞が場所であっても「where」ではないケース

 Tokyo is the city where I want to visit.は誤り
Tokyo is the city which I want to visit.
【東京は私が訪れたい街だ】

vistは他動詞で目的語(= the city)があるので、関係代名詞のwhichにする

 

一方

〇 Tokyo is the city where I want to live
〇 Tokyo is the city in which I want to live
✖  
Tokyo is the city which I want to liveは誤り
【東京は私が住みたい街だ】

liveは自動詞で、inが必要なのでin whichにする必要がある。
しかし、inが無いので関係副詞
whereにする必要がある

 

この様に、
①動詞が他動詞か自動詞かを判断する。
動詞が自動詞で前置詞がない場合は、関係副詞を選ぶ。

 

関連記事

複合関係副詞の書換え方はこちらをご参照。
https://howto-komarigoto.work/entry/34_complex_relative_adverb#gsc.tab=0

  

◎失敗しない英語勉強法を知っていますか? 

 英語を勉強する努力を無駄にしたくない。それなら「英語資格の問題を解く」勉強がお薦めです。理由は、①資格問題を解くことがアウトプットの訓練になる。②勉強の成果が資格取得に結びつき、資格はあなたの能力の証明となる。資格のメリットを下記リンクで詳述しているので、気になる方は参照ください。 


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、私の励みになりますので読者登録をお願いします。