【例文解説】失敗しない英語やり直し勉強法

英語の学習単元を、①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外事項、の項目で簡潔に説明。英語の間違えやすい処を一緒に勉強して行きましょう。尚、このブログがお役に立ちましたら読者登録をお願します。

複合関係副詞の覚え方 (No 34)

 複合関係副詞と聞くと「何か複雑で難しい」感じを受ける。但し「場所・時」と「譲歩」の意味の2パターンを覚えれば良い。そして関係代名詞を使って書換える方法を知っておけばここは特に問題はない。書き換える方法を知りたい方はご参照。

目次

 

1.結論

複合関係副詞の書換え方は、下記の2パターンを暗記することをお薦め。

⑴「場所・時」の意味を表す場合

whenever【~する時はいつでも】⇒ at any time whenに書換え可

wherever【~する所はどこでも】⇒ at / to any place where

 

⑵「譲歩」の意味のを表す場合

however+形容詞/副詞+S+V【どんなに~でも】No matter howに書換え可②whenever+S+V【何時に~しようとも】⇒ No matter when
wherever+S+V【何処で~しようとも】No matter where

 

2.「場所・時」の意味

whenever【~する時はいつでも】

①Come to see me whenever you wish.
【あなたが望む時はいつでも会いに来なさい】

Whenever they meet, they quarrel.
【会えば必ず喧嘩する】

👉 at any time whenに書換え可
= Come to see me at any time when you wish.

 

wherever【~する所はどこでも】

①He goes wherever there is money.
【金のある処なら彼は何処にでも行きます】

②My cat goes wherever I go.
【私の猫はどこにでもついてくる】

👉 at / to any place whereに書換え可
= He goes to any place where there is money.

 

3.「譲歩」の意味

however+形容詞/副詞+S+V【どんなに~でも】

However hard you may try, you can't do anything.
【どんなに懸命にやっても、何もできない】

However rich you are, you must not be idle.
【君がどんなに金持ちでも、怠けてはいけない】

No matter howに書換え可
No matter hard you may try, you can't do anything . 

 

whenever+S+V【何時に~しようとも】

Whenever you may come, everybady will accept you.
【何時あなたが来ようとも、皆があなたを受け入れるつもりです】

Whenever she comes, she brings me a new book.
【彼女は来るたびにいつも新しい本を持ってきてくれる】

⇒ No matter whenに書換え可
No matter when you may come, everybady will accept you.

 

wherever+S+V【何処で~しようとも】

Wherever you may go, you are guilty.
【何処に行こうとも、あなたは有罪です】

②Put the chair wherever you like.
【その椅子をあなたの好きなところに置きなさい】

No matter whereに書換え可
No matter where you may go, you are guilty. 

関連記事

複合関係代名詞との違いはこのリンク先で確認することをお薦め。

https://howto-komarigoto.work/entry/30_complex_relative_pronoun_re#gsc.tab=0

 


今回の内容があなたのお役に立ちましたら、読者登録をお願いします。