英文法を独学でやり直す勉強法【価値ある知識を3点解説!】

易から難の順に①結論、②例文・使い方、③慣用表現・例外や間違え易い事項を中学英語で挫折した人からTOEIC等に備えたい人に発信。失敗しない『知識と勉強法』で読者ニーズに応えます。

否定の慣用表現① (否定語を含まない)(No 012)⊿4

《not / no》を含まないが「~ない」と言う否定の意味になる英語表現は難しい。理由は直訳すると変な日本語になってしまうからだ。この対応は「not/noを含まない熟語の形」と「独特の訳」を暗記すると良い。

複合主語と動詞の一致・関係《不定代名詞を含む》(No 005)⊿4

名詞に係る修飾語で動詞が単数か複数を誤ってしまう時がある。例えば〈a number of ~〉の動詞は複数形、《the number of ~》の動詞は単数形というケースだ。これは知らないと間違えてしまうので知っておく価値がある知識です。

同義でも使い方が異なる動詞(No 008)⊿4

《borrowとuse》は「移動の可否」によって使い方が異なる事を知っていますか?知らないで外国人に《May I borrow your toilet?》と言ってしまったら『教養面での抵抗感』を抱かれ兼ねない。この様な使い方が異なる動詞をまとめたので活用ください。

関係代名詞《thatをで使う / 使わない》表現(No 014) ⊿4

関係代名詞の「that」は《who/whom/which》の代わりに使えて便利そうだが、場合によっては①使わない、②使った方が良い、ケースがあるのをご存じですか?何時でも使える分けではない事を知っておくと便利な知識を纏めたので活用ください。

時制の一致の例外表現の違い(No 015) ⊿4

「時制の一致の例外」は知らないと間違えてしまう。例えば「真理や社会通念」は現在形、「過去の歴史的事実」は過去形のままにする。この様な例外事項はTOEICの正誤問題で問われる可能性大なので覚える価値があります。

if節を省略した仮定法の違い(No 010) ⊿3

「if」が無い仮定法は勉強する価値がある。その理由は現実の英文では仮定法は『ifを使わない場合が多い』からだ。ではifが無い時に仮定法か否かをあなたはどの様に判断しますか?その対応を纏めたので活用ください。